障害者雇用枠で副業/複業/兼業したいときの準備と計画

障害者 副業(複業)
この記事は約4分で読めます。

障害者雇用枠で土日に副業ができる体力を持ってる方はいませんか?

体力があるけどアルバイトはできないし、時間もない人こそ「副業」をしましょう!

障害者しょうがいしゃ就職しゅうしょく支援!!
東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪の求人対象

障害者手帳が必要です!/障害者雇用バンク

公式サイトを開く→

障害者雇用枠で副業をする準備

障害者雇用枠で働くあなたが副業をするなら、会社の就業規定を確認しましょう

会社規定によっては平日にしっかりと勤怠安定した状態で働いてほしいために、土日の副業を禁止。もしくは良い顔をしない場合があります。チェックしておきましょう!

あなたが土日に副業を始められるなら、大切なのは立ち位置です

あなたが副業を行うということは、個人事業主(法人を設立せずに個人で事業を営んでいる人)として、企業から業務委託を受けて仕事(作業)を請け負います

例えばLancers(クラウドソーシングサイト)で仕事を受注するなら、年間12万円(1ヶ月1万円売り上げ)を目標に行動し始めるのが1番やりやすいので、おすすめです

*年間20万円以下なら確定申告の必要なし

確定申告ってなにをしてるの?

確定申告は、2022年1月1日〜12月31日までの課税所得(所得税の課税対象となる個人所得)を計算することです

売上に対して経費・基礎控除などを差し引いて、あなたが得た所得に対して課税される(所得税がね)という点だけ知っておきましょう!

知って得する累進課税

日本税制は累進課税(所得税が多い人ほど多く課税される制度)です

課税される所得金額税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円
国税庁:所得税の税率早見表

ポイントは、1000円以上の所得には税率がかかる点です

課税所得を0円に相殺することが、節税対策においても大事な姿勢です

個人事業主の基礎所得控除は48万年

基礎控除とは、適用を受ける要件がなく誰でも利用できる所得控除です

控除できる金額は一律48万円です

その年の所得が48万円以下の場合は、基礎控除を引くことで所得が「0」になります

*年間売上を48万円(月2万円)にすれば、あなたの所得税は0円

このように、所得税額を0にする節税対策を行うと、あなたが会社員の場合は「所得税」を払わないので、丸々48万円があなたのお金になります

意外と節税をうまく考えて、計画を立てて売上を立てる考えは大切です

年間20万円以下なら確定申告なしはほんと?

ほんとです!

ただし、確定申告は経験としてやっておくと良いのも事実です

*僕はやってます

しなくていいのも事実ですが、やっていいというのも事実です

今後、売上を伸ばす考えなら早めに経験しといた方が後々混乱しないですよ笑

障害者雇用枠が副業するなら何をすると良い?

この記事に詳細を書いときました!

障害者雇用枠で仕事がある、業務があるなら、それを複業にするんです

社会人で働ける以上、あなたにはあなたの専門性があると思いますよ

土日・休日・祝日に副業/複業/兼業したら会社退職できる?

令和4年の経産省労働力調査:自営業主521万人

ランサーズのフリーランス実態調査2021:副業/兼業者812万人

広義の本業以外に副業/複業/兼業を行う人の数:1670万人

会社員の本業以外に働く選択肢を選ぶ人が増加してます

*日本の労働者6600万人弱の12%が本業以外で働いてる計算

土日フリーランス個人事業を継続している身として言えます

会社退職は辞めといた方が良いです

インボイス制度:適格請求書保存形式

インボイス(適格請求書)を発行することで、消費税の仕入額控除を受けられる制度が、2023年10月1日から導入されます。

【国税庁の目的】

・適正な課税の確保

・益税(免税した利益)の阻止

2023年の制度導入までは1.000万円までの売り上げ事業者は消費税をもらっても納税しなくて良い「免税事業者」でした。

*日本事業者の過半数が免税事業者

しかし、それが変わります。

中途半端に個人事業主でガムシャラにお金を稼ぐなら、本業のついでに副業/副業/兼業する方が、お得に生きられます。

まとめ

副業(複業)で1円でも売上を立てられると、勇気が湧きます

何十万円と売り上げるのは難しくても、月1〜2万円なら意外と出来ます

少しずつあなたができることから始めてみてください!

タイトルとURLをコピーしました