障害者がRPAエンジニア・RPA人材になれるのはホント?就労移行支援のRPAエンジニアなろう系のウソがキッツイよ

障害者 働く方法
RPAツール事務員にはなれる!
この記事は約4分で読めます。

障害者がRPAエンジニア(RPA人材)になれるのか?

新たな障害者職業になりうる働き方について書きます。

障害者しょうがいしゃ就職しゅうしょく支援!!
東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪の求人対象

障害者手帳が必要です!/障害者雇用バンク

公式サイトを開く→

障害者がRPAエンジニア(技術者)になれる?

PG
PG

無理!

不可能じゃあないし宝くじに当たる確率みたいなもん。

障害者雇用率未達成だと金(納付金)を払う必要が生まれるネガティブなイメージしか抱かせない社会で生まれた「ウソ」です。

技術者採用だとPRA技術以外に、

  1. DB(データベース)をいじれる
  2. SQL(データベース操作言語)を使える
  3. 周辺システムの理解・業務経験1〜2年

などの情報処理技術・経験がないと仕事になりません。

障害者が事務職でRPAツール使って働くイメージ

K○aienツイッターアカが宣伝する内容としては、

  1. 技術職採用ではない
  2. 事務とITの中間の業務領域
  3. 一般の会社で裏方業務

事務職の障害者雇用でRPAツールで業務自動化を、専門知識がなくても使える人らに導入して「人力作業」だったのを「ロボ作業自動化→人間が確認」の業務状態にしたいとのこと。

事務職がRPAツールを使えるRPA人材!が正しい理解

障害者がRPAエンジニアを目指す前の基礎知識

RPAロボットが単純作業を代わりに実行しているイメージ図

PRA(ロボットによる単純業務自動化)はVBA(Excelマクロ)と変わりません。

パソコンの定型作業(決まった手順の作業)を自動化

この1点において似た効果を得るため述べています。

RPAの挙動

RPAはPC上の作業手順をロボットに記憶させることで、繰り返し行われる業務を自動化

VBAの挙動

Excelマクロは、エクセルなどのソフトで行われた操作をプログラム言語に変換してプログラムとして記録し操作を自動化

具体的な違いは自動操作範囲

RPAはPC上🖥の操作自動化ができる上に範囲が広いのが特徴。

VBAはオフィス製品の処理自動化ができるだけで範囲が狭いのが特徴。

という具合でOffice製品処理を自動化する目的にVBAはある一方で、RPAは単純業務であれば業務自動化フローにしやすい利点があります。

障害者がRPAエンジニアに未経験からなれる理由(建前)

仕事を曖昧にせず正確に遂行し、コツコツがんばり続けることができる障害特性によって生じる姿勢がRPAシナリオフロー(作業内容の抽出・定義・作成)の仕事に役立つと考えられています。

結果として、障害者がRPA(Robotic Process Autumation_ロボによる業務自動化)を業務にしたら良いじゃん!と2021年流行中です。

PG
PG

ってまあ、ウソやーんと

障害者がRPAエンジニアになるのは難しい

しかし、、、

RPAエンジニア業務の大半は自社ではなく「受託案件」で稼働するので「コミュニケーション能力」がないと無理ゲーです。

RPAシナリオ設計/開発/運用、保守業務項目の確認…etc

上記過程で全部をする障害者雇用求人はないでしょう。

あるとすれば補助的なポジションで働くわけですが、であるなら障害者雇用枠ではなく専門卒の一般枠の人へ業務を割り振るのが妥当です。

RPA業務に携わってきてない未経験僕(SES経験者)が感じるのは、

VBA・Word・Excel

3つの神器を社会人新卒並みに覚えた方が給料上がるよ…という(真顔

*上昇した年収分障害年金下がるとはいえ…

障害者がRPAエンジニアRPA人材になる妄想がキツい

一部就労移行支援の代表が「発達障害はコミュ障、だけど過集中するからRPA業務ええやん」と流れ作っているのがキッツイなーと(苦虫

僕はADHD・ASD健常者擬態系人間クズレなんですね

だからこそ、RPAエンジニアになろうぜ!RPA人材になろうぜ!的な妄想を障害者以外が真面目腐った顔で言い出してんのがキモいっす。

無理じゃあないよ?

10万/1くらいの確率だけど・・・

できなくもないよ?

挑戦したけど無理な死屍累々ばっかだけど・・・

障害者雇用向けRPAエンジニア・RPA人材の求人はない

PG
PG

一部の就労移行支援施設経由でしかない感じでした。

求人探したけど、ないんですよ。無い。

現実的に現場エンジニアが求める人材にはなりずらい現実を、Google検索して確認した結果に終わりました。

RPA技術よりも「VBA・Excel・Word」なんです。

ITサポート業務でまずは大正解なわけです。

障害者雇用向けITサポート・事務職求人を狙おう

障害年金のお世話になりながら障害者枠で無理なく働ける
PG
PG

理想

障害年金を受給できなければ障害者枠の給料で家族を養うのは無理だから実家住みの人は、定型で健康な人間に擬態してクローズで無理して働くよりも障害者雇用向けITサポート系求人も検討してください。

障害者枠で就労しても障害者年金が貰えないと親の援助は必要になるので、どうにか現実的な落とし所を見つけて欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました