障害者雇用求人・仕事の見つけ方/探し方:もにす認定制度マークの会社選びがコツ!

障害者 働く方法
障害者雇用求人の探し方は5つ
  1. 一般雇用:クローズ
  2. 障害者雇用:オープン
  3. JEED:職場適応援助者の支援
  4. 在宅勤務:テレワーク
  5. 就労移行支援サービス:2年縛り
PG
PG

補助金目当てのクソ企業を避けられる選択を!

障害者雇用求人の見つけ方

PG
PG

障害者雇用求人の探し方は

大きく分けて4つ

一般雇用:クローズ

一般雇用クローズは、、、

  1. 求人サイト
  2. ハローワークで仕事探し
  3. 自治体・民間企業主催する合同説明会参加

のいづれかで最終面接まで勝ち抜く必要がある。

障害者雇用:オープン

障害者雇用のオープンは「障害者手帳」を持ってた方が企業法定雇用率に加算されるので、企業側も前向きになりやすい。

ハローワークは支援員と相談し求人表を印刷して自分で応募する。

ハローワークですぐ見つかる求人は良い条件のものが少ない上に、自分で応募していくので徹底したサポートがないのが苦しい

JEED 職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援

職場適応援助者(ジョブコーチ)が障害者が職場に適応できるよう、障害者職業カウンセラーが策定した支援計画に基づきジョブコーチが職場に出向いて直接支援を行います。

全国で利用できる反面、支援員不足が課題です。

在宅勤務:テレワーク

事務職・ITエンジニアなど自宅業務向け求人が少しずつ増えています。

障害者雇用向け求人で在宅勤務:テレワークをするなら、

  • 心身が壊れてしまう働き方はしない
  • 生きてるだけで辛く苦しいならない
  • 余裕がなくなり諦めたくなってしまう

この3点を守りながらにしてくださいと強くお勧めします。

誰しもができるわけではないですが、気にかけてくださいね。

就労移行支援

就労移行支援は「働く為の準備」ですぐに就職活動に入らない。

生活リズムを作って、障害特性を業種・職種・働き方を考えていくので時間がかかる。

事業所から紹介される長期の職場実習を通じて就職もあり得る。

職場実習(企業インターン)を続けて評価が良ければ最終面接→就職。

PG
PG

ほぼ2年かけて「準備できる人向け」の選択肢

障害者雇用は甘え?生きるための選択

障害者雇用・採用は軽作業も多く低賃金で生きるのも難しい。

障害者枠で働くなんて「甘え」で自分できちんと生きることが大切なのも事実です。

僕の考えは生きられる選択が正しい。

年金受給しても障害者雇用でも生きられりゃ良い。

本気でそう考えて人間のフリして生きてます。

農業型障害者雇用の求人・仕事はどうか?

農業型障害者雇用の会社は福祉農業雇用創出の機会になります。

しかし、障害者の働く選択肢が農作業に偏る課題もあります。

モデル

障害者雇用を推進したい企業が社内で業務創出が困難な場合、農園という「就業場所」と「農作業業務」を提供するビジネスモデル

問題

企業側は障害者を雇い、担当者も定期的に農園に様子を見に行くわけですが、この形態を「自社による障害者雇用」とみなして良いのか?

  1. 市場に売買ができない
  2. 農作物の廃棄処分が多い
  3. 一から障害者雇用のための業務創出が大変すぎる

など、なぜ農業をしているのかわからない状況。

障害者たちで農業からパック詰めから販売までできるような会社にすればいいが、なかなかうまくできていない。

【噂】大手IT企業の農業型障害者雇用の実態

大手IT企業によくあるなぜか農業部とか農業子会社作って障害者雇用枠を農作業で埋めるアレ。

まぁ弊社も人のこと言えないんだけどさ。

農業部門あるし。

大企業には義務として障害者雇用枠あるんだけど、そんなに都合良く障害者の働ける仕事がないから障害者を上手に雇用する「スキームを斡旋してるコンサル」がいるんだけど・・・

障害者雇用枠求人の在宅勤務・テレワーク・リモートワークの探し方

障害者雇用枠でリモートワーク勤務したいなら、、、

  1. Word
  2. Excel
  3. 簿記

などの資格取得をし「自宅でできる仕事を割り振れる立ち位置」を得られるようにしなければならない。

現時点で社会人として働けてるが、障害者枠でも働きたいと考えているなら大手企業の障害者雇用枠を選んだ方が気楽ですね。

みんなが障害者雇枠でリモートワークはできない

PG
PG

障害者雇用で在宅勤務機運が流行り始めた2021年。

正直、障害者の90%以上が、、、

  1. 自宅で一定量の業務遂行が難しい
  2. 自宅で仕事をするスペースを確保できない
  3. 仕事とプライベートを区別できず苦しむ

などリモートワークをする社会人たちが「辛いなぁー」と感じる課題を解決できるか?それが極めて難しい問題につながる。

PG
PG

継続的に働ける職場探しが確実な選択肢

参考記事→障害者が大手企業・超ホワイト企業で働くには?

障害者雇用テレワーク(在宅勤務)求人の状況


障害者テレワーク事例集:厚生労働省

PG
PG

超絶!

圧倒的な超人以外!!

あり得ねーデス!!!

とは言っても「特例子会社」ならあるんですよ。

障害を抱える前に社会人をして「働くスキル・実務能力」を得た人らでないと在宅勤務は難しいのが結論です。

無理じゃあない。しかし、ほぼ無理。

自分自身が「テレワーク」に見合った職務遂行能力を持つと自負できる人ってほとんど日本にはいないと思います。

障害者を在宅ワークさせづらい企業の気持ち

企業側は障害者雇用に際して、、、

  • 企業研修を行い準備をする
  • 労務管理を行い準備をする

問題なく雇用する準備をするのがすごい大変なんです。

パソコンスキルもエクセル・ワードぐらいで在宅ワーク可能ですが、給与は最低賃金なみで最初は週4、6時間で徐々に勤務時間を増やす事も出来ます。

つまり、障害者が企業の想定通りに働ける前提がある時にうまくいくが、現時点は難しい状況です。

在宅ワーク→時々出社は現実的ではない

  • 在宅ワークから始める
  • 本人が希望すれば出社も検討

このパターンに頼る必要がないので障害者雇用の在宅勤務・テレワークは企業にとって難しく、障害者が希望する気楽な働き方は実現しづらいのです。

障害者雇用の在宅勤務・テレワークは楽・簡単じゃない

障害者雇用・障害者手帳持ちだから自宅で気軽に働ける仕事ができるのではなく、基本的なことは一般雇用と変わらない精度が求められます。

PG
PG

僕の会社人事曰く、、、

「フォローはできるけど代わりにはなれない」

こう言ってて確かになーと感じました。

障害者雇用だから都合の良い特別な道が用意されてるわけじゃない。

できないことの中から少しでもできることを探してください

受けられる支援は全て使い倒しましょう!

障害者雇用在宅勤務/テレワークはつらい・しんどい

心身の体力・気力が激減してしんどく生き続けるも辛い。

疲労が溜まってもリフレッシュできる場所も自宅にない。

在宅勤務・テレワークのしすぎで気持ちと身体が重いし苦しい。

在宅で業務を行う結果身体を壊さないように注意!

【テレワーク鬱】障害者雇用で在宅勤務は支援が少ない

障害者雇用の中でもテレワーク・在宅勤務は一般化していない働き方です。

テレワーク鬱/在宅勤務鬱になる可能性も考慮してください。

【生活習慣病】朝起きて夜寝れない生活になるかも

僕自身は健常者のフリをして生きてますが、自宅待機で在宅勤務になった時に朝起きるのが辛くて夜寝れないからスマホゲーム🎮にハマりました。

朝起きるのが辛い、苦しい…夜安心して寝付けない、スマホいじり

このパターンにならないように注意です。

障害者雇用で実務遂行能力を求められる

障害者が自宅でトライアンドエラーで自ら何度も奮起して仕事をやり抜く。

聞こえ方は良いですが継続的に6ヶ月〜1年以上も1人、もしくは家族と一緒に生活しながら働き続けるのは無理に近いでしょう。

在宅勤務・テレワークを逃げ道にすると怖い結果へ…

厚生労働省_「在宅就業障害者に対する支援」

PG
PG

要点をまとめます

(1)「在宅就業障害者(自宅等において就業する障害者)に仕事を発注する企業に対して、障害者雇用納付金制度において、特例調整金・特例報奨金を支給します。」

(2)「企業が在宅就業支援団体(在宅就業障害者に対する支援を行う団体として厚生労働大臣に申請し、登録を受けた法人)を介して在宅就業障害者に仕事を発注する場合にも、特例調整金・ 特例報奨金を支給します。」

参照_在宅就業障害者に対する支援

つまり!

在宅就業障害者を雇って、申請し、厚生労働省から認可されれば、「特例調整金・特例報奨金」が支給され、障害者を在宅で雇用する雇用側にお金が流れるという仕組みです。

障害者雇用の促進が強まる法整備ですね!

在宅勤務/テレワークに配慮する会社選びのコツ

  1. 障害者自身の負担を軽減
  2. テレワークは配属先不要
  3. 就業機会が拡大できる
  4. 自分で身の周りを確保できる

在宅勤務は障害者本人の負担が少ない状態での新しい働き方が可能です。

だからこそ障害者雇用へ「配慮ある信頼できる職場選び」が重要です。

仕事内容も給料も勤務地(在宅勤務かどうか)も就業時間も大事なんですが一番肝心な配慮のこと」を忘れないでください。

障害者 対 健常者の対人関係に注意

顔を見合わせていれば解決したコミュニケーション問題が、自宅勤務・テレワークだと難しくなるので注意が必要です。

対人とのやり取りは普通に生きてもめんどうな課題。

誤解を与えない細かい意思の疎通が働く上で大切になります。

障害者雇用の在宅勤務・テレワークの勤務時間

  1. フルタイム勤務
  2. パートタイム

障害者年金と合わせて働くならパートタイム勤務から始めて、慣れたらフルタイム勤務も検討すると怪我なく働き続けられます。

障害者雇用の在宅勤務・テレワークは出社あり

在宅勤務で雇用契約しても会社へ週1〜2の出社はあります。

働き始める前に企業研修があるなど、自宅だけでは完結しません。

完全自宅勤務のみは無いと思って探しましょう!

障害者雇用在宅勤務/テレワークの主な職種・業種

  • 事務処理代行
  • コールセンター業務
  • キャリアプランナー業務
  • CAD設計業務
  • Web制作
  • ITサポートエンジニア
  • VBA業務自動化ツール作成
  • RPAツール業務自動化ツール作成

自宅で業務可能な職種は大きく分けて「事務職・技術職」に分類されます。

出来る範囲で在宅勤務の仕事も探してみると良いでしょう。

障害者雇用の在宅勤務・テレワークはエリート層だけ。

障害者雇用で働くことも難しい状況の方も多いで、法定雇用率も50%も達成していない状況です。

その中で在宅勤務ができるのは、エリート層かもしれません。

リモートワーク/オンラインで在宅業務を行うコツと注意点

在宅勤務・テレワークで「できない業務内容」を気軽にできます!と安請け合いするとあなたが潰れてしまいます。

障害者雇用でスピード感を求められる業務内容は想像できませんから、ひとつひとつの仕事を確実に終わらせる姿勢がホントに大事です。

  • できない仕事内容ならすぐに同僚・上司に報告
  • できる範囲の仕事内容をやりながら少しずつなれる
  • テキトーに仕事を終わらせても差し戻しされてキツイ

など、テレワーク(情報通信技術を活用し時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態)だからこそ「信頼関係」を失わないよう心を配ってください。

信頼関係を失う在宅勤務・テレワークの事例

テキトーに仕事をして、そのままにされるのが一番困ります。

仕事が終わったら確認→相手へ投げる→確認を徹底しましょう。

仕事の基本は「確認のサンドウィッチ」です。

仕事は完結させて初めて意味を持ちます。

在宅勤務・テレワーク低下要因

参照_経済産業省コロナ基礎データ

  • 在宅就勤務・テレワークは「通勤なく自宅で働ける」
  • 求人数があまりない・賃金が少ない年収が低くなる

特のこの2点が課題になります。検討してみてください。

特例子会社544社の障害者雇用求人の見つけ方

特例子会社に応募するには、、、

  1. 企業合同説明会
  2. 就労支援の職場体験学習
  3. ハローワーク

次のいづれかの方法があります。

特例子会社ホームページを見ると「ハローワークの要望」を通じて応募 or 就労移行支援機関の紹介を通じて挑戦する機会が得られるのが一般的です。

特例子会社障害者雇用の2つのトレンド

「障害者雇用は経営課題だった! 特例子会社の戦略的活用による雇用・事業拡大」の著者によれば、特例子会社の障害者雇用には次の2つのトレンド(流行)があると指摘します。

  1. ユーティリティ業務(外注業務の内製化)
  2. 企業社会性の追求(雇用だけする綺麗事)

障害者雇用者数を増やす動きに影響を与えていて、潤沢な資金のある会社は国からツベコベ言われたくないので、上記の手法で障害者雇用に注力してます。

障害者の仕事が見つからないときの探し方

PG
PG

障害者雇用・一般雇用のどちらもで不採用通知

無職でご飯を食べるのも難しくなってるなら「探し方」を変えてみることから始めてください!

100社以上の面接・応募を積み重ねても会社側が求める人材像でなければ内定を得ることはすごく難しいのが現実です。

手始めに軽い気持ちで相談して欲しいのは、、、

  1. ハローワーク
  2. 就労移行支援
  3. 障害者雇用向け求人サイト

この3つで得られる求人票は、新しく仕事を探してるあなたにとって「採用意欲のある企業と出会える可能性」が高いです。

有名な障害者向け求人サイト以外のススメ

僕のブログでは「エラビバ」をおすすめしてます。

なぜか??

  1. 業界最大の求人数がある
  2. サイト代表が障害を抱えた当事者

この2点が他の大手有名サイトよりも「障害者目線」でサポートをしてくれると強く感じているからです。

よくわからないエージェントよりも「身近な障害を持って生きている人」のほうが僕は信用できます。

障害者雇用求人が探しても見つからない理由

PG
PG

探す場所が違う

ハローワークで障害者雇用の会社を探しても「なんか違うコレじゃない感」はよくあります。

求人を掲載している場所は複数あるのに「ハロワ」だけで探そうと意固地になって他の場所を頼る行動を取れなくなります。

僕が仕事を探してた時もねーじゃん!!と嘆いてました…

障害者雇用ないから一般求人クローズ探す

障害者雇用がないと「最終手段」で一般求人を探し出します。
PG
PG

良い条件の求人がなくて疲れませんか?

障害者向けの求人すらないご時世であり一般企業も障害者雇用に対してわかりやすいモデルケースがない状況です。

もし他に求人サイトが見つからないなら「エラビバ」で探しては?

障害者雇用転職の年齢的な問題

エラビバ」は20〜45歳までの就職・転職支援強化中!
PG
PG

無料カウンセリングもあります

障害者手帳持ちを雇用したい会社の本音

「法定雇用率要員」にできる障害者を優先雇用したい
PG
PG

会社の本音。背景は3つ

  1. 20213月障害者雇用の法定雇用率2.3
  2. 従業員43.5人以上企業は障害者一人以上雇用義務
  3. 101人以上企業に障害者雇用納付金支払い義務を検討

2/15日労働者新聞で厚労省が100人以下中小企業で障害者雇用しない時に「障害者雇用率納付金」を支払う義務を与える方向で話し合いを始めると報じました。

障害者雇用義務を政府側が企業側に「法的」にすべき。

社会の中で「流れ」が作られ始めている感覚があります。

もにす認定制度の認定特例子会社:23社

参照:もにす認定制度の認定事業主_令和2年12月31日付

もにす認定制度とは「障害者の雇用の促進及び雇用の安定に関する取組の実施状況などが優良な中小事業主」を認める・広める仕組みです。

もにす認定制度認定(共に進む(ともにすすむ)という言葉に由来)を受けた特例子会社は23社存在しています。

*2021年2月24日検索

PG
PG

特例子会社「544社中/22社」の状況

今後、もにす認定制度が広まるにつれて特例子会社が働きやすいモデルを構築していきながら「他の中小企業」でも障害者雇用が一般化する可能性は十分にあり得ます。

障害者雇用で外資系企業を選べるのは一部の特性

障害者雇用の就職・転職先を外資系企業にするなんざ悪魔の所業です。

外資向きの障害者特性は、、、

  • 高学歴コミュ障ASD or ADHD

このパターンしか枠に収まって「結果」が出せる人を想像できないし、一部の能力が高すぎて一般企業じゃ収まらないなら外資も検討すれば良いんです。

しかしながら、多くの人は普通の人ですよ。

単純にハマらない組織に行く結果に落ちると思います。

令和3年6月1日までが障害者雇用が加熱!

厚生労働省によれば企業での雇用者数は2020年6月1日時点で57万8292人となり過去最高を更新した。
参照_日本経済新聞

企業が障害者雇用に必死になるのは

2021年6月までと考えて仕事探して良いでしょう!

  1. 法定雇用率上昇
  2. 2021年6月1日新規雇用者数の発表

2つの理由から障害者雇用は加熱していきます。

2021年新規障害者雇用数は2万人を超える可能性

2011年から1万人程度ずつ雇用者数が増加

2018〜2020年障害者雇用伸び率は「1.4万人〜1.7万人」

2016年から2020年まで、障害者雇用は10万人増です。

民間企業や公的機関などで働く障害者は年々増加傾向にあって、精神障害者の雇用数も増えています。

2021年は「単年最大2万人」は障害者雇用数が伸びるかも!

PG
PG

障害者向けおすすめ就職・転職サービス!

障害者向けの企業雇用に特化した就職・転職

【業界最大】 オープン就職・転職ならエラビバ【3400件求人】


企業で働きたいと考える時に問題となる「障害を抱える私、僕への理解をしてくれるのかどうか?」を真剣に考えた上で、あなたにとって最適な企業を探してくれます。

企業で働きたい。

どうして良いのか分からない。

人生が生きづらいと感じているのなら「手厚くサポート」するエラビバに助けを求めてください!

障害者雇用の選考基準はコミュニケーションが大事

【オンライン面談/電話面談】自宅スマホひとつ就職転職の相談!

エラビバはアプリダウンロード不要でオンラインでカウンセラー相談可能。

外出が面倒だから家にいながら求人は探したい!ならおすすめです。

【正社員採用】障害者が稼げて自立できる生き方を諦めない!


ハローワークの障害者雇用は派遣・パートタイムばかり…。

障害者が正社員を諦めずに「自立」して生きるための仕事探しをエラビバでしませんか?

【特性対象】「身体障害」「精神障害」「知的障害」の方

  • 「身体障害」
  • 「精神障害」
  • 「知的障害」

次の障害に苦しんでるならエラビバで仕事を探してください!

ハローワーク窓口でも精神障害者を採らない会社が多い?

障害者雇用の募集要項に精神障害者が入っていないことが多かったりするので、ハローワーク以外も活用ください

【プライベート重視】年齢20〜45歳までなら対応可能

エラビバは年齢が高くても「正社員の就職・転職」が可能です。

【理解ある職場で働く】業界最大級3400件以上の求人あり

  • エラビバ取り扱い求人
  • ハローワークの一般求人
  • ハローワークの大手求人

エラビバは自社求人+ハローワーク求人を紹介します。

【障害者雇用エージェント】事務・経理・人事など首都圏/大阪求人多数!

エラビバは大手企業(首都圏)/大阪(関西圏)特化求人が多数あります。

  1. 事務
  2. 経理
  3. 人事

など、ハローワークにない仕事探しに役立ちます。

詳細記事→障害者が大手企業・超ホワイト企業で働くには?

【地方求人多数】障害者向け求人サイトの東京求人多い問題

4770件中3200件地方求人:2021年2月25日検索時

障害者向けの求人紹介サイトの載せてる求人が、ほとんど東京(一都三県)ばかりで役に立ってない、、、。

求人探しに困ってるならエラビバです!

【女性障害者積極採用】安定した働き方・残業なしの求人多数!

エラビバは「女性の障害者積極採用」に意欲ある企業を紹介中!

福利厚生も含めた障害者目線の企業が登録していて、、、

  1. 独身寮/社宅あり・フレックスタイム制
  2. 家賃補助制度・保養所あり
  3. 残業なし・通院への配慮・自立できる給料

など、働く環境の良さも含めた求人選びが可能です!

【未経験求人】アルバイト・無職で仕事の紹介を断られた

エラビバは未経験求人も多数あり、仕事探しに困ったなら相談すると次の予定が作りやすくなりますよ。

【10000名以上】エラビバ登録ユーザーは多くいます

エラビバは株式会社SPECIFIC(スペシフィック)が2019年9月にスタートした障害者向け求人サイト・求人支援サービスです。

【令和3年3月時点】Twitterで悪評暴露がない

エラビバが大手・中小企業のサービスと比較した時にtwitterの「悪評・愚痴・不満」がないので、おすすめしています!

障害者雇用探したいけど変なウザいサイトに登録したくない

障害者雇用探してるけど、、、

  1. 変なサイトに登録してメール来んのウザい
  2. 訳わかんない内容の連絡されんの面倒くさい

なんかサイトに個人情報入れんの嫌なら障害者がサイト代表は良いよ

当事者意識のあるエラビバに相談だけでもしてみるのおすすめ!

【女性の障がい者ならこちら】女性の障害者転職サービス「ぽじチャレ」

ぽじチャレでは入社後3ヶ月の退職率が「0」で、日本最大級の4000件の求人から「女性に適した安心した職場」を徹底的にサポートしています。

 

面接通過率も「75%」と、自分で面接を受けたら100社受けて1社受かりそうなところを何百倍も引き上げてくれます。

女性の障害者の方への徹底的なカウンセリングをしてくれるので、女性ならではの「結婚・出産・育児に関する深い悩み」にも理解のあるベテラン女性コンサルタントが対応してくれます。

 

安心して仕事のことを話せて、しかも、女性どうしで「悩みについて相談ができる機会」なんて、そうそうありません。*ご家族とも話しづらいんですよね。

女性に人気で、働きやすい求人の質が高い案件ばかりを伝えてくれます。よくわからないままに求人サイトを使うくらいなら、ぽじチャレで悩みを解消した方が良いですよね?

 

ぽじチャレでは求職者希望に徹底的に沿って転職活動をお手伝いできるように全力を尽くしており、「特にカウンセリングは専門の担当者が2時間程度じっくりとお話をお伺いし、必要な配慮事項や希望条件を遠慮なく伝えられるよう」になっています。

 

女性の障害を抱える人は、まずはぽじチャレに相談してみて悩んでいることを伝えて欲しいです。

ぽじチャレで新しい職場で働いている女性の方へインタビュー

ぽじチャレを使うと上手くいきやすい女性の特徴

  1. 18〜54歳で身体障がい者手帳を持ち「精神疾患」のない女性の方
  2. 一都三県(東京・千葉・横浜・埼玉+大阪・三宮近辺で働きたい方)で就職・転職したい女性の方
  3. 精神疾患などお持ちの女性の方は「エラビバ」を利用されるとGood

「発達障害・精神障害に強みをもつ就労移行支援」が可能な施設の方にアドバイス(助言)をもらいながら、ゆっくりとIT業界を目指す

いきなり働く企業を探すのは、少し怖いし、まだ準備が必要だ。

そう感じているなら、発達障がいと精神障がい(うつなど)を持つ方への就労支援に力をいれているラルゴ高田馬場を受けることですね。

もし、いまどうして良いのかわからず迷っているなら一度相談をしてみてくださいね。

ラルゴ高田馬場ってどんな企業なのか?

f:id:einginner-carry:20170908081450p:plain

ラルゴ高田馬場は、発達障がいと精神障がい(うつなど)を持つ方に対して労支援を行う職業訓練・求人紹介企業です。

 

就労の準備が出来ている。もしくは転職を希望している障がい者手帳をお持ちの方(障がいの種別は問いません)を主な対象として、 時間をかけて良い企業で働くための準備をしていくことができます。

IT系(プログラマー/SE/エンジニア)のお仕事につくための準備を職業訓練校で行う場合、求められるレベルが極めて高く、常に緊張の中で訓練を受けつづける必要があります。

 

反対に、就労移行支援施設を使う場合は、次のメリットがありますね。

体調が悪くても最大2年かけて調子を整えながら通えること

就活の時に、職員さんが同席の上、面接を受けられることが可能な場合があること

ラルゴ高田馬場は発達障害、精神障害に特化した就労移行支援を行うこと

ラルゴ高田馬場は、結果的にピアカウンセリングに繋がりやすいこと

 

ピアカウンセリングとは?

ピアカウンセリングは1970年代初め、アメリカで始まった自立生活運動の中でスタートしました。

自立生活運動は、障害を持つ当事者自身が自己決定権や自己選択権を育てあい、支えあって、隔離されることなく、平等に社会参加していくことを目指しています。

ピア・カウンセリングとは、自立生活運動における仲間(ピア)への基本姿勢のようなものです。

 

たった一人の力で頑張るのは辛く、苦しく、大変なことです。

就労移行支援施設の利用期限の2年という縛りにこだわり過ぎず、延長を使ってでも勤怠を安定させてから就活してみてください。

 

これから数十年働くことを思えば、この2〜3年は人生の中ではちょっとした寄り道です。
急がば回れ」の考え方で、良いお仕事に出会えるようにして下さい。

タイトルとURLをコピーしました