インフラエンジニアはネットワーク機器・サーバ設置・インストール設定確認屋さん?プログラミングで落ちこぼれ挫折した人は来ないほうが正解か

Geek job
インフラエンジニアは土台(業務基盤)を作るだけじゃあダメ?
プログラミング出来ない落ちこぼれ挫折した人の行き着く場所?
PG
PG

面白い指摘(視点)を

見かけたので書いときます!!

上流工程を理解しないインフラ基盤業務はいらない?

インフラエンジニア出向した先で、電話線とLANの配線管理とビルの防災周りと個人PCのトラブル対応も、仕事のうちです!!

インフラエンジニアの業務内容は、、、

  1. 上流ーインフラ基盤の設計・構築
  2. 下流ーインフラ基盤・システムの保守運用

この2つに分類されますが、、、

  1. 上流案件は先輩インフラエンジニアへ優先
  2. 下流案件は実務経験のない駆け出しへ優先

されるので設計・構成だけが仕事ではありません。

実務事例ー大手企業を顧客層にした場合

単純な配線作業・ネットワーク構築が仕事ではなく、新しいインフラ基盤構築の提案と実行が仕事!

実務事例ー中小企業を顧客層にした場合

新しいネットワーク構築・設計を中規模〜小規模に行い、保守運用の担当数を増やして企業利益を増やす!
PG
PG

色んな会社がネットワーク・システム構築を

必要とするから的材適所ですな

twitterの強気エンジニアは気にしないで笑

PG
PG

ツイッターによくいる強強エンジニア(自称)

強い言葉を使いたがるんで、気にしないでください(真顔)

観測範囲で言えば、、、

  1. 問題を抱えているため他人を否定してる
  2. 自分の見える世界でしか物事を判断出来ない

など、一部の視点から個人的な発言に終始してます。

批判的精神じゃあなくて単なる誹謗と中傷ですなー

エンジニアをディスりたがるエンジニアはやばい!笑

PG
PG

話が脱線してるんですが……

  1. プログラミングが少しできるインフラエンジニア
  2. 批判的精神と誹謗中傷の違いが分からない技術者

ここら辺が分からない20〜30歳台のやべー連中がいるのは事実。

 

悲しいことですよ

しかし、これがあ現実ってやつなのよー

 

面倒な発言が多いし、下手に技術力があるオタクは厄介さんです

仕事は出来るからSNSで目立ちながらディスりますから……

PG
PG

本題に戻ります!!!

SES(客先常駐)はインフラ技術者にとって最高の環境

横並びで競合他社さんの仕事の様子が見れるのが強力なメリット!!
  1. ふつうに会話(雑談)して情報を仕入れられる
  2. 横並びの他社がトラブっていたら課題や故障事象を見れる
  3. 他人の問題=自分の痛みがまったくないから怖くない笑
  4. トラブル事例・ノウハウを吸収・蓄積
  5. もちろん良いやり方・良い例があったら真似ちゃう!
  6. 設計やソース以外の仕事の考え方は盗み放題・パクリ放題

などなど、メリットがあるんですよね。

プログラミングスクールの使い方

  1. プログラミングスクールで取っ掛かりを学ぶ
  2. スクールで足りないところを独学してみる
  3. 独学で分からないところはスクールに聞く

ちなみ、この流れがよい学習状態ですよ!

平成30年度経済産業省調査で2030年に8万人不足

IT人材需給に関する調査によれば、65歳以上の退職者・離職者数の増加で2030年には8万人近くエンジニアが不測する予測です。

PG
PG

ちなみに計算式はこちら

IT 人材供給の試算には、下記の IT 人材数の推移に関する基礎式(ポピュレーション バランス式、population balance equation: PBE7)を用いて1年単位で時間を発展させ2030年までの年齢別の IT 人材数を計算する。

式 𝑓𝑇−𝑓𝑇−1=−𝑠 ∙𝑓𝑇−1+𝑆 𝑛 𝑛−1 2 𝑛−1 1

𝑓: IT 人材数(供給), 𝑛: 年齢(18~64), 𝑇: 年(西暦) 𝑠2:離入職による変動率(離職率−入職率) 𝑆1:国内教育機関からの新卒入職者
なお、上記の基礎式の初期値は、最新の国勢調査(平成 27 年調査)を用いる。また、 IT 人材は、18 歳~64 歳8の人材とする。

参照_経済産業省調査

将来的に人口減少し、エンジニアが年齢により退職をするためにエンジニア総数が減少すると仮定する計算式です。

ぶっちゃけエンジニアは年齢重ねてても、働く人はフリーランスor期間限定社員で働くので、総数としてのプログラマー・エンジニア数は減らないかな?

インフラエンジニアの過労死問題と年齢相関

年を重ねたエンジニアは問題解決能力は高い反面、体力的に業務遂行が不可避な状態に陥っていくので、インフラエンジニアは若い方(20〜30代)が市場価値は高いですよね。

プログラマーなら体力より知的生産性に依存するので、70〜80歳でも現役のプログラマーとかザラにいますし、、、。

PG
PG

しかもめちゃくちゃにハイスキル笑笑

過労死問題は体力勝負すると起きる

  1. 夜勤アラート要員で10年目
  2. 技術関係なく働き続けた20代
  3. 資格も取らずに研鑚しなかった

インフラエンジニアは下流だと体力勝負させられる時があります。

それが当たり前になって30代超えて働いていくと、最悪詰みます、、、

PG
PG

資格取りながら

成長できる会社選びが大事!!

まともなスクールで仕事のできる技術者を目指すのが一番安全です

【危険】監視オペレーターはヤベーぞお笑

PG
PG

意識が低く自己研鑽しない

技術者さん多いよー

インフラエンジニアの中には、監視オペレーターだけ続けるやる気のない人達がいるのは事実です。

深夜勤務で身体も心もやられた若手は意外と多いから、そこら辺の連中だけ見れば、インフラ上流が仕事してて、インフラ下流は何してんだかわからないように見えるかもしれませんね!

 

周りの人達に影響されずに

勉強ができる。

 

こういう人なら監視オペレータースタートでも大丈夫。

ただ、怖いなら事前に学んでからが正解ですよ!

インフラ・ネットワークエンジニアで働きたいか分からない人へ

インフラ・ネットワークエンジニアは開発しません

プログラミング言語は覚えません。

システム・サービスの設計/構築はしません。

インフラ・ネットワークはサーバー設計・構築・検証・運用などのシステムの設備周りを担当します。

プログラムを書くのが得意じゃない。

IT企業では働きたいから職種探してる。

迷ってるなら、求人票探してみると良いですよ

勉強好きはIT企業のプログラマーにならないで!

PG
PG

朝からもくもく勉強しても

プログラマーは無理かな

勉強するのが好きでノートに書き込んでいくのが得意ならインフラエンジニアの適正が高いです。

下手にプログラマーになるより、インフラエンジニアの方が年収も高くなるとおもいます。

プログラム書いて仕事にするより知識を蓄えて仕事の幅を増やしていく方がめっちゃ良いですよ。

結論:インフラエンジニアの仕事はある

受験に失敗して、就活に失敗して、転職するかしないかも失敗して、それでも反省もせずプログラミング学習に救いを求めた人。

PG
PG

そういう人(僕のこと笑笑)が

挫折するのは当たり前!

産まれて20年間ぐらい凡人として過ごしてきたのに、半年〜一年プログラミング勉強したら世界が変わると思うのは、異世界転生モノの見過ぎですよね。

 

ですので、、、

 

未経験エンジニアの採用時はポートフォリオよりも、エンジニアを志望した動機や転職理由を中心に聞かれます。

面接担当者は、実務未経験のあなたが今出来ることより入社後の未来に出来そうな仕事への熱量を知りたいわけです。

インフラエンジニアを目指した動機を素直に話そう!
タイトルとURLをコピーしました