【極悪非道】就労移行支援事業所はイかれた場所で通所する価値なし?|一般就労したいがアルバイト禁止で企業実習にもいけず施設外就労・外勤タダ働き…

障害者 働く方法
PG
PG

就労移行支援に直接求人をもらえるわけでもないで就労移行支援後は自分で仕事探しをせざるを得ないのが2021年

訓練ばかりしている就労移行支援を増やしても、訓練自体が就職に繋がらない大きな課題がある点も含めて「就労移行支援があっても利益を得られる障害者はほぼいない」と言っていいでしょうな・・・汗
PG
PG

就労移行支援を検討するのは「基礎的な社会人スキルがなく就職先を自分で探せない」時です

障害者が正社員へ就職・転職するなら「エラビバ
PG
PG

エラビバは障害者手帳をお持ちの方向けの正社員転職・就職支援サービスです

エラビバ公式サイト

丁寧な専属カウンセリングで正社員を目指せる

エラビバ専属カウンセラーが「正社員求人を目指す」ための書類作成・面接対策・希望条件のヒアリングを丁寧に一貫サポート!

■ 正社員の新卒・第二新卒採用向け求人がたくさん

エラビバは20代向けの正社員向け求人から転職先を「3400件」以上の求人から選べます。

正社員事務職求人が多数あり仕事探しがしやすい

エラビバは障害者向けの「事務職正社員」の求人が多数あります。

日本最大の障害者就職・転職サービス代表は誠実

エラビバの評判が気になりtwitterで「顔出しアカウント」があって「え、、、?出すの?」と驚きました。

■ 家にいながらスマホひとつでオンライン面談可能!

エラビバ「在宅」しながら「スマホひとつ」で非公開求人のご提案、面接対策、履歴書添削、就職後のフォローが可能です!

エラビバ公式サイトはこちら!

PG
PG
登録後「エラビバのメール・電話」を忘れずに出てあげて下さい!

就労移行支援の利用者売り上げが少ない理由

就労移行支援は「労働をするための準備期間」として位置するために高価な作業内容を用意し利用者に働いてもらうのはすごく難しいのです。

  1. 障害者が通所することで支給される補助金
  2. 事務所を作った時に行政からもらえる特開金

この2つがもらえりゃ就労移行支援事業者の「所長」は良い。

  1. A型・B型を問わずに「事業を創造する必要」がない
  2. お金にならない単純作業を与えておけば万事おっけー

こう考えて運営している所長・施設長は多い笑

就労移行支援施設のスタッフ給与(給料)はなに?

税金

スタッフそれ自体に「事業を成長させる能力」はありません。

「税金」を上手に使い分ける狡賢い考えと生き方です。

集5日来させる就労支援は利用者金ヅル扱い

就労移行できるまで回復したのに「就労移行支援スタッフ」は利用者を通所させるともらえる「お金」を稼ぐためにアレやコレやと施設にくるように仕向けます。

【広告費払い】就労移行支援やっベー

PG
PG

google上位表示にいる

福祉施設ってやベーじゃないですか

障害を抱える人を「時給100円」でこき使い、職員たちはテキトーな仕事して高い給料をもらってやがる…(なんだと!

Twitterで不満・愚痴を見てるともうね。大体こんな感じ。

障害者だけど人間耐久力が高い人らだけが、数年就労移行して、どうにか働き始めてるのが、現実なんだろうね。

・下手に福祉施設に頼るとやべー

・頼った先が落とし穴でやべー

PG
PG

この2つが本当に

報われないんだよな

就労移行支援スタッフが来所(通所)をすすめる理由

就労移行支援所(通所する施設)に「障害を抱えた利用者」が来るだけで政府助成金をもらえます。

つまり、、、

働くことなく障害者を就労支援施設に「呼ぶ」だけでお金稼ぎができるという極悪非道なスキーム(仕組み)があるんです。

就労移行支援はおかしい

  1. 就労移行支援行きつつアルバイトできないのはおかしい
  2. 家族に生活費払ってもらうか生活保護しかないのおかしい
  3. 就職のための就労移行で生活苦になるのはおかしい

就労移行支援行けばいいよ!とか軽々しく言えないですよ。

就労移行支援は「回復に必要な時間と経済的支援がある」大前提に頼ったおかしい地獄システムです。

就労移行支援月収0円!アルバイトできない

就労移行支援でアルバイトができない。

富裕層以外は支援なんざ受けられるわけない。ふざけんな。

毎日不安と闘って悩みながら通っても、得たものが何もない。

見下してんですよ。トラウマになって発狂するわ、、、

就労移行支援員はおかしい連中

就労移行支援の職員と話してたら、ブルーカラーの仕事とホワイトカラーの仕事の話になってブルーカラーの肉体労働の仕事のこと「誰でもできる下っ端の仕事」とか言ってたと。

いやー頭おかしい健常者が一番怖いから、、、

就労移行支援A型はCEOがやばい

twitterで見かけるのがA型事業所の頭トチ狂いCEO

補助金目当てのやべー事業者がいるのもおかしいです…

就労移行のお金配分はおかしい

  1. 就労移行支援が必要な人に直接給付金
  2. おかしい中抜き構造を止めてください

次の2つの当たり前の支援すら無いおかしい状況、、、

ありえない業界としか言えんです

就労移行利用者がいるだけ補助金支給されておかしい

一番の就労移行支援のおかしい点は補助金ありきで運営されてる体制ですよ。

なら障害者向けに直接給付金すりゃあいいのに!!

よくわからない仕組みで税金を垂れ流してるおかしい話です。

ブラック就労移行支援事業が貧困ビジネスの温床

日本の福祉制度自体「障害者が健常者に近い労働をしてほしいエゴ」を前提に出来てますので、制度疲労が一気にきて当然。明らかに障害者とわかる人を雇用することで社会貢献アピールに「道具」として使われる側面があります。

障害者の社会参加は無意味ではない。

しかし、上司は仕事ができない障害者の介護に労力を削がれ、障害者自身も辛い思いをする。 誰も得をしない企業による慈善事業でしかない現実もある。

ブラック就労移行支援は、いらないんですよ

就労移行支援事業所の外勤・施設外就労・実習はブラック企業でタダ働き

就労移行支援事業所はメチャクチャな施設もあり、障害者を安い労働力としてブラック企業に駒として貸し出したりしてます・・・
PG
PG

障害の悪化を引き起こす可能性も・・・汗

就労移行支援の場において「外勤」「施設外就労」とかいう名称で働かされた時はブラック企業かどうかを確認しないとヤバいです。

あと、障害の種類によっては「安全配慮義務」があり、障害者雇用促進法に違反する会社すらあります。

施設外就労と施設外支援の違い

  1. 施設外就労は無償労働(謝礼で駄賃支払いはあり)
  2. 施設外支援は出来高制で内職とかしかない…
PG
PG

就労自体は利用者が行って帰ってきていいけど、支援の方は支援者+利用者で一緒に行くスタイル。

施設外就労は無償労働だから、ブラック企業でタダ働きだと感じてしまうのはしょうがないですよね。

施設外就労で変だなと思ったら?

施設外就労で不当に扱われたり、障害配慮がない。おかしいと感じたら各都道府県の「福祉部障害者支援課施設支援担当」に匿名で電話ができます。
PG
PG

市役所ではなく「県」に言わないと行政指導してくれません!

障がい者虐待防止法を知らない施設運営者(経営者)がいる

PG
PG

障害者就労の闇の1つに「福祉施設の施設長が障がい者虐待防止法」すら知らないという点があります。

トップが知らなければ現場はもっと適当ですし、障がい者就労施設を運営すると得られる助成金目当てのクソ野郎なのは言うまでもない事実です。

就労移行支援事業所は地方(田舎)ほど閉鎖的で差別される

PG
PG

田舎に行くほど身体障害者以外の「知的・精神」は閉鎖的環境による差別に晒されていますよ。

田舎ほど閉鎖的で差別を当たり前にする考えの人が多く、知的・精神の働き場所は就労支援事業所で時給100円やら200円のブラック内職労働。雇用されるのは身体障害者で、彼らも彼らで「健常者並みに働けるかどうか?」で扱われたりするやべー世界。

本当に苦労して、苦しんでいる障害者には生きづらい環境です。

背景にあるのは「分からないから、怖いから、排他的に差別する姿勢」です。

台風19号の影響で台東区が避難所からホームレスを排除し、受け入れを拒否した事件があります。

【拡散希望】台東区長が本部長の台東区災害対策本部に問い合わせると、「今後避難準備・避難勧告が出る可能性があるが、ホームレス(住所不定者)については、避難所は利用できないことを対策本部で決定済み」と言われました。事実上、台東区の災害対策は、ホームレスを排除しています。

分からないから、怖いから、自分とは違うと思うから差別し迫害する。

16世紀の魔女狩りと何一つ変わりません。わからないことは悪なんです。

PG
PG

地方で稼げない人たちこそ就労移行支援事業経由で助成金をふんだくる動きが顕著だと仮定できるので、あまり関わらないほうが懸命ですよ。

設立2〜3年の就労移行支援施設はガチブラックだから回避!

障害者を支援する施設を立ち上げると助成金で稼げることがバレた2019年。
PG
PG

2015年くらいからできた新出の就労移行支援する会社は、総じて回避したほうが怪我しないと思います。

助成金でガンガン稼ごうぜ!という搾取側に回りたい危ない障害者ビジネスをしたがる会社が多いですし、地方の新しい会社とかはモロやべー奴らがいると思っていたほうが本当にいいです。

一昔前のSES企業を作った若い兄ちゃん社長が右から左に現場にエンジニアを投げて金稼ぐスタイルと似ていて、国からの助成金を右から左へ自分の会社へぶち込む障害者支援助成金事業なわけです。

元の業態がIT企業で今の時点で障害者支援とかしているなら、真っ黒な危険企業だと関わらないほうがいいですよ。

SES系で稼げなくなって国から助成金ふんだくることを思いついたんでしょうし、障害者使って国から手広く金集めるやり方覚えたら普通の仕事なんてできないですよね・・・
PG
PG

定員がガラガラなところほどビジネス就労支援なので、行かないほうがいいし、就労支援は、儲かるので参入する業者が多いよ

就労移行支援利用者は就職できず給付金目当ての福祉施設長はのさばる

PG
PG

就労移行支援に在籍する障害者の数だけ「福祉施設は収入が入り、就職実績は身体障害者で稼ぐ or そもそも就職支援なんてできない」わけです。

就労移行支援後にハロワ・エージェントを通じて就職活動するわけで、福祉施設の使えない職員ちゃんたちを稼がせてあげるために障害者支援とか受ける必要がないとも言えます。

「〜〜さんは一般企業での一般就労(障害者雇用枠含む)はまだ早いと思うし、マナーや社会戦の安定が先だね!」

とか何とか言って就職を先延ばしして最長2年の間施設にいてくれるように仕向けるのが「施設職員ちゃんたちのお仕事(稼ぎ方)」ですよ。笑える。

就職できない障害者をどうやって併設のA型、B型に2年の就労支援が終わったらぶち込むかを考える悪どい税金泥棒経営者もいるくらいで、一番単価が高いB型に放り込んでいくだけで3、4年は障害者を施設に置いとくだけで「お金(税金)」が稼げます。

就労移行支援の福祉施設を使う本人にはほぼお金が入らず、場所を用意しただけの奴らが1日1万年商365万x人数分荒稼ぎできるのが日本福祉の現実です・・・汗

就労移行支援福祉施設の虐待以外の違法行為


就労移行支援中は表向きアルバイト禁止だったり月10〜20時間くらいなら働いてもいいよ!社会経験だし〜みたいな施設長がいるんですけど、こんなもんですよ現実。

就労移行支援に通いながらお金のアテもなくいるのは厳しいし、就労移行支援で小銭を稼いでいく人たちが多いの現実。頭数が増えれば増えるほど施設長の懐は温まるシステムだけでもなー

PG
PG

就労移行支援は福祉施設で働く支援者にしかメリットがなく、障害者本人には1円も支援してくれない所が日本の闇です

障害受容は障害者支援福祉施設側の都合の良い言葉

PG
PG

完治し得ない「「障害」」を理解して考えるだけでも何で自分が障害を抱えて生きていなければならないのだろう?

何かをしたわけでもなく、なぜか障害を持って生きていないといけないなんてと。

障害受容は障害者側からすれば言葉の身勝手さや違和感、都合の良い押し付けにしか見えないことが多いです。

障害を支援する側は障害受容を、

  1. 障害を受け入れる姿勢が善、受け入れない態度は悪なように使われる
  2. 障害支援者側が上から目線で使いたがる他人目線の概念
  3. 障害受容は支援者側の考えで作られた言葉で支援しやすいか?を図る都合の良い

障害受容をすることで家族を含めて障害者支援を受ける第一歩になると考えられがちな反面、実利的に障害受容できるようなほどに余裕のある人なんていません。

障害受容は「障害を定義し、対応し、適応する極めて論理的な過程を表す概念」であり、現実的には障害者支援側が支援しやすい障害者を見つけるための道具として誤用されている現状もあります。

障害を認めて受け入れることは無理

自分自身が障害を抱えて生きた場合、その障害自体を受け入れることは難しい。難しいというか無理なことのほうが多いです。

自分が健常者なのか?それとも障害者なのかすらグレーな状況で、その不安定な状態から目を背けて生きる続ける選択をする人もいます。

障害受容は概念的には正しいが、そこに地肉の通った感情や考えはありません。

ただ、道具として存在し、障害を受容できるだろう少なからずの人達にとっての補助機能。普通ではないのに、普通を強いられて生きるしかない現実。言葉通りの苦痛と地獄ですよね。

就労移行支援に通うなら実家暮らしの核家族

障害を抱える家族がいて、その家族を心配する父母からすれば就労移行支援施設は就職活動できないタイミングにいる時にタイミングのいい場所です。

この国の福祉概念は20世紀の核家族(4人以上で構成される1家族単位)で考えられているようにも思えていて、障害者本人だけで生きていけるようなセーフティネットがあるわけではありません。

家族からすれば、アルバイトも上手くいかない我が子我が娘の支援先として就労移行支援orA型B型を検討するのは当然の流れですし、下手に稼ぐよりはじっくりと就職支援をしてくれる福祉施設であることを前提にしているはず…。

PG
PG

こう考えれば「就労移行支援施設は、就職活動・アルバイトすら困難でどうにかして次の選択肢を探している1家族」だけを前提にしかしていないと感じます。

結果的に、悪質なヤクザまがいの業者がお金目当てで介入したり、障害者本人は建前上は2年近く無休で生きることを前提にした「やべー制度」になっています。

一般就労したいが、どうしていいかわからずに就労移行支援を受けてもしょうがない層の障害者の人たちは多いだろうよ。しかしながら就職先を得るのも難しい選択肢の少ない状態になっているのも事実ですね。

「就労移行支援の施設で働く支援員を働かせるためのイかれた制度」になっているし、まともな人間なら就労移行支援事業所で働かないと思うんですよね。

就労移行支援施設に通わなくていい事例

PG
PG

自力で就職先を見つけられるなら、ほんといらないですよね支援施設・・・

就労移行支援で学べる礼儀作法・就職までに身につけるスキル

PG
PG

就労移行支援に通所する大半の人たちは「清潔感がなく礼儀作法や社会で生きていくための基本的な態度」ができない人が多い現実もあります。

良い就労移行支援で学べる就職スキルとして、

  1. コミュニケーションスキル
  2. パソコンスキル
  3. 体調管理スキル

などがあるのも事実です。

社会人として基本的な清潔感を持って「あいさつできる」「指示されたことができる」「わからないことを質問できる」「タイピングスキル」「Officeスキル」「体調安定」「体調悪化の傾向」など継続的に就職先で働いていけるだけの準備ができます。

そもそも上記のことはできるなら、自分なりに就職先を探すなりすればいいですがそうでない場合は良い就労移行支援施設を見つけることも大切ですね。

まとめ

  1. 社会人基礎スキルと清潔感のある働き方を身につけるなら就労移行支援
  2. アルバイトして就労移行支援に行くなら十分働けるからハロワで職探し
  3. 障害者を食い物にするタダ働き強制施設なら要注意
PG
PG

就労移行支援施設は、障害者にとっては諸刃のつるぎになりやすいのが現実ですね。

PG
PG

障害者向けおすすめ就職・転職サービス!

障害者向けの企業雇用に特化した就職・転職

【業界最大】 オープン就職・転職ならエラビバ【3400件求人】


企業で働きたいと考える時に問題となる「障害を抱える私、僕への理解をしてくれるのかどうか?」を真剣に考えた上で、あなたにとって最適な企業を探してくれます。

企業で働きたい。

どうして良いのか分からない。

人生が生きづらいと感じているのなら「手厚くサポート」するエラビバに助けを求めてください!

障害者雇用の選考基準はコミュニケーションが大事

【オンライン面談/電話面談】自宅スマホひとつ就職転職の相談!

エラビバはアプリダウンロード不要でオンラインでカウンセラー相談可能。

外出が面倒だし家にいながら求人は探したいならおすすめ!

【正社員採用】障害者が稼げて自立できる生き方を諦めない!


ハローワークの障害者雇用は派遣・パートタイムばかり…。

障害者が正社員を諦めずに「自立」して生きるための仕事探しをエラビバでしませんか?

【特性対象】「身体障害」「精神障害」「知的障害」の方

  • 「身体障害」
  • 「精神障害」
  • 「知的障害」

次の障害に苦しんでるならエラビバで仕事を探してください!

ハローワーク窓口でも精神障害者を採らない会社が多い?

障害者雇用募集要項に「精神障害者」が入っていないことが多かったりするので、ハローワーク以外も活用ください

【プライベート重視】年齢20〜45歳までなら対応可能

エラビバは年齢が高くても「正社員の就職・転職」が可能です。

【理解ある職場で働く】業界最大級3400件以上の求人あり

  • エラビバ取り扱い求人
  • ハローワークの一般求人
  • ハローワークの大手求人

エラビバは自社求人+ハローワーク求人を紹介します。

【障害者雇用エージェント】事務・経理・人事など首都圏/大阪求人多数!

エラビバは大手企業(首都圏)/大阪(関西圏)特化求人が多数あります。

  1. 事務
  2. 経理
  3. 人事

など、ハローワークにない仕事探しに役立ちます。

詳細記事→障害者が大手企業・超ホワイト企業で働くには?

【地方の障害者雇用求人多数】障害者向け求人サイトの東京求人多い

エラビバ3月地方求人_3410件中2506件_3月7日検索時

障害者向けの求人紹介サイトの載せてる求人が、東京(一都三県)ばかり

地方の求人探しに困ってるならエラビバです!

【女性障害者積極採用】安定した働き方・残業なしの求人多数!

エラビバは「女性の障害者積極採用」に意欲ある企業を紹介中!

福利厚生も含めた障害者目線の企業が登録していて、、、

  1. 独身寮/社宅あり・フレックスタイム制
  2. 家賃補助制度・保養所あり
  3. 残業なし・通院への配慮・自立できる給料

など、働く環境の良さも含めた求人選びが可能です!

【未経験求人】アルバイト・無職で仕事の紹介を断られた

エラビバは未経験求人も多数あり、仕事探しに困ったなら相談すると次の予定が作りやすくなりますよ。

【10000名以上】エラビバ登録ユーザーは多くいます

エラビバは株式会社SPECIFIC(スペシフィック)が2019年9月にスタートした障害者向け求人サイト・求人支援サービスです。

【令和3年3月時点】Twitterで悪評暴露がない

エラビバが大手・中小企業のサービスと比較した時にtwitterの「悪評・愚痴・不満」がないので、おすすめしています!

障害者雇用探したいけど変なウザいサイトに登録したくない

障害者雇用探してるけど、、、

  1. 変なサイトに登録してメール来んのウザい
  2. 訳わかんない内容の連絡されんの面倒くさい

なんかサイトに個人情報入れんの嫌なら障害者がサイト代表は良いよ

当事者意識のあるエラビバに相談だけでもしてみるのおすすめ!

【女性の障がい者ならこちら】女性の障害者転職サービス「ぽじチャレ」

ぽじチャレでは入社後3ヶ月の退職率が「0」で、日本最大級の4000件の求人から「女性に適した安心した職場」を徹底的にサポートしています。

 

面接通過率も「75%」と、自分で面接を受けたら100社受けて1社受かりそうなところを何百倍も引き上げてくれます。

女性の障害者の方への徹底的なカウンセリングをしてくれるので、女性ならではの「結婚・出産・育児に関する深い悩み」にも理解のあるベテラン女性コンサルタントが対応してくれます。

 

安心して仕事のことを話せて、しかも、女性どうしで「悩みについて相談ができる機会」なんて、そうそうありません。*ご家族とも話しづらいんですよね。

女性に人気で、働きやすい求人の質が高い案件ばかりを伝えてくれます。よくわからないままに求人サイトを使うくらいなら、ぽじチャレで悩みを解消した方が良いですよね?

 

ぽじチャレでは求職者希望に徹底的に沿って転職活動をお手伝いできるように全力を尽くしており、「特にカウンセリングは専門の担当者が2時間程度じっくりとお話をお伺いし、必要な配慮事項や希望条件を遠慮なく伝えられるよう」になっています。

 

女性の障害を抱える人は、まずはぽじチャレに相談してみて悩んでいることを伝えて欲しいです。

ぽじチャレで新しい職場で働いている女性の方へインタビュー

ぽじチャレを使うと上手くいきやすい女性の特徴

  1. 18〜54歳で身体障がい者手帳を持ち「精神疾患」のない女性の方
  2. 一都三県(東京・千葉・横浜・埼玉+大阪・三宮近辺で働きたい方)で就職・転職したい女性の方
  3. 精神疾患などお持ちの女性の方は「エラビバ」を利用されるとGood

「発達障害・精神障害に強みをもつ就労移行支援」が可能な施設の方にアドバイス(助言)をもらいながら、ゆっくりとIT業界を目指す

いきなり働く企業を探すのは、少し怖いし、まだ準備が必要だ。

そう感じているなら、発達障がいと精神障がい(うつなど)を持つ方への就労支援に力をいれているラルゴ高田馬場を受けることですね。

もし、いまどうして良いのかわからず迷っているなら一度相談をしてみてくださいね。

ラルゴ高田馬場ってどんな企業なのか?

f:id:einginner-carry:20170908081450p:plain

ラルゴ高田馬場は、発達障がいと精神障がい(うつなど)を持つ方に対して労支援を行う職業訓練・求人紹介企業です。

 

就労の準備が出来ている。もしくは転職を希望している障がい者手帳をお持ちの方(障がいの種別は問いません)を主な対象として、 時間をかけて良い企業で働くための準備をしていくことができます。

IT系(プログラマー/SE/エンジニア)のお仕事につくための準備を職業訓練校で行う場合、求められるレベルが極めて高く、常に緊張の中で訓練を受けつづける必要があります。

 

反対に、就労移行支援施設を使う場合は、次のメリットがありますね。

体調が悪くても最大2年かけて調子を整えながら通えること

就活の時に、職員さんが同席の上、面接を受けられることが可能な場合があること

ラルゴ高田馬場は発達障害、精神障害に特化した就労移行支援を行うこと

ラルゴ高田馬場は、結果的にピアカウンセリングに繋がりやすいこと

 

ピアカウンセリングとは?

ピアカウンセリングは1970年代初め、アメリカで始まった自立生活運動の中でスタートしました。

自立生活運動は、障害を持つ当事者自身が自己決定権や自己選択権を育てあい、支えあって、隔離されることなく、平等に社会参加していくことを目指しています。

ピア・カウンセリングとは、自立生活運動における仲間(ピア)への基本姿勢のようなものです。

 

たった一人の力で頑張るのは辛く、苦しく、大変なことです。

就労移行支援施設の利用期限の2年という縛りにこだわり過ぎず、延長を使ってでも勤怠を安定させてから就活してみてください。

 

これから数十年働くことを思えば、この2〜3年は人生の中ではちょっとした寄り道です。
急がば回れ」の考え方で、良いお仕事に出会えるようにして下さい。

タイトルとURLをコピーしました