【エラビバリニューアル】障害者雇用バンクの評判と口コミ🌺

障害者が中小企業/零細企業で内定を勝ち取る方法はこれだ!

障害者中小企業障害者 働く方法
中小企業も穴場になった2021年

障害者雇用枠会社探し

 

  1. 高賃金求人が多い
  2. 正社員求人が多い
  3. 正社員登用有りの求人
  4. ハローワークにない求人
正社員の求人数
障害者雇用バンク90%以上
ハローワーク10%未満

 

障害者雇用バンクで

より高い賃金の障害者雇用枠

就職・転職してみませんか?

PG
PG

障害者手帳をお持ちの一都三県の東京・神奈川・埼玉・千葉と大阪府在住の方向けの障害者雇用枠専門エージェントが障害者雇用バンクです。

障害者雇用バンクの無料登録

障害者雇用(元エラビバ)について

もっと知りたい方はこちら

PG
PG

障害者が中小企業/零細企業で内定を勝ち取る方法

  1. 企業側が求めるビジネススキルを持ち合わせない
  2. 障害者の中でも身体障害者が重点採用される
  3. 身なりの清潔な障害度合いが少ない人が選ばれる
  4. 中小企業が障害配慮をした職場仕事を用意できない

障害者が中小企業で正社員になる手段

障害に配慮があって自立出来るお給料を払う中小企業

障害者積極採用って言いながら、最低賃金に毛の生えた金額しか出さん企業は安い人材求めてるだけで「法定雇用率」を満たすついでに給付金(例えば、特定求職者雇用開発助成金)をもらえればええんや。

こんなん考えているブラック中小企業はダメ!

手段その1「身なり」

言動、姿勢、健常者擬態なんでもですが「清潔な身なり」大事!

4点セット「頭・スーツ・靴・カバン」が子綺麗なら清潔に見えます。身なりが悪くなければ「人柄(人間性)」も良く見えるのが現実です。

手段その2「頼ろう」

就労移行支援、ハロワ相談員、転職エージェント、JEED支援員

どれでも良いから頼って利用し尽くして笑顔で別れましょう。

手段その3「障害者手帳」

障害を抱えてる人が全員障害者雇用枠で採用されるかというと必ずしもそうではない。障害者認定を受け、手帳が交付されてないと条件を満たしていないということで落とされます。

中小企業障害者枠で配慮/気遣いのある職場選びのコツ

中小企業障害者枠で仕事探しする時に「障害者配慮」があるか?

仕事内容以前に一定期間働ける職場でなければ意味がありません。

障害者雇用実績のある企業から仕事を選ぶことが一番怪我しない選択肢です。

障害者雇用で中小企業が持つ義務

2021年3月1日の法定雇用率2.3%上昇の影響から大手企業・一流企業以外にも障害者を雇用する義務が強まります。

中小企業だから障害者を雇用枠から締め出す動きが難しくなる一方で、おざなりに雇用だけして退職を繰り返しさせる「ダメカス企業」が増えるのも予想されます。

中小企業でも「もにす認定」と呼ばれる資格を有する企業群も増えたので、、、

  1. 特例子会社
  2. もにす認定制度
  3. 雇用実績のある会社

これらの中からどうにか仕事を見つけるのが先決事項です。

中小企業の障害者雇用求人を探す前に知ること

障害者雇用の手帳の有無

  • 身体障害者の方→身体障害者手帳
  • 知的障害者の方→療育手帳
  • 精神障害者の方→精神障害者保健福祉手帳

自分の症状をどの程度コントロールできるか知る

  • 週何日勤務できるか
  • 残業はどのくらいできるか
  • 勤務条件は適切な範囲か
PG
PG

企業側にわからない点を

明確にしておくと採用率が高まります

障害者雇用手帳持ちはメリットあるのか

  • 体調面の配慮が受けられる
  • 医療費の助成を受けられる
  • 業務責任は一般より負わない
  • 住民税の減税あり
  • 各種公共料金が割引される
  • 退職しても特定求職困難者扱い
PG
PG

一社だけで一生働き続ける

ばかりではないよね

障害者の平均勤続年数

障害者雇用実態調査結果報告書(厚生労働省障害者雇用対策課)による調査結果は以下の通り。

  • 身体障害者ー10年2ヶ月
  • 知的障害者ー7年5ヶ月
  • 精神障害者ー3年2ヶ月
  • 発達障害者ー3年4ヶ月

障害者雇用実績のない中小企業へ応募する上での注意点・課題

大手企業は競争倍率が高く障害者雇用でもは就職・転職がしづらいのが現状です。そのため「障害者雇用をしたことがない中小企業へ正社員就職・転職」を検討してみてはどうでしょうか?

障害者雇用をした経験のない中小企業の実情

  1. 従業員数45人以下|雇用義務なし
  2. 従業員が46人以上91人以下|1人雇用義務
  3. 従業員が92人以上136人以下|2人雇用義務

障害者雇用義務があるが、障害者雇用をしたことがない会社は多いのが2019年時点の現状です。

日本の障害者法定雇用率は2.2%(45.5人に1人の障害者雇用をする義務あり)なのですが、従業員数が雇用義務以上いるのに「50%以上の中小企業」が雇用をしていません。

全く障害者雇用実績のない会社は主に中小企業で、

  1. 障害者雇用は義務だからしょうがなく雇用する
  2. 採用数が少ないために障害者を雇用したがる中小企業
  3. 前向きに障害者雇用をしたい中小企業

など様々な「思惑」のある会社が多い状態です。

中小企業の障害者雇用への考え方・不安点

そのためほぼノータッチだった障害者雇用は中小企業にとって「目隠して人の多い道路を歩くような経験」です。

視覚障害者なら道の往来で「すみません!」と声を出して周囲の人に助けを求め、道の向こう側まで車がこないか確認をして手助けしてくれないか?と言えます。

PG
PG

以前僕は杖を持った人に後ろから「すみません!」と声をかけられて横断歩道の道を通る手助けをした経験があります。

 

肘に手をかけてもらって周囲を確認して向かいの白線までエスコートするだけでしたが

 

障害者側は相手も自分も理解し合うことが難しいと理解した上で就労支援機関・転職エージェントなどの手助けを活用した方が懸命ですね。

障害者雇用実績のない前向きな中小企業と出会う

中小企業でかつ障害者雇用実績のない会社では「障害者に対するバリアフリー・障害に対する気遣い」が無い可能性も考えれます。

そのために「自分だけで就職先を決めることなく、転職エージェントなどに相談しながら中小企業選び」を考えてみてください。

障害者の中小企業・大企業の雇用率

参照|民間企業における障害者雇用状況の推移

障害者の中小企業雇用率が低い傾向にあるなかで、

  1. 2018年時点で法定雇用率達成企業は45.9%
  2. 雇用されている障害者数は53.5万人

となっていて「54%以上の会社(大企業・中小企業)が障害者雇用率の法定基準を達していない事実」があります。

また、平成30年最新の障害者雇用実態調査では「雇用障害者数は53万4,769.5人、対前年2018年7.9%(3万8,974.5人)増加している事実」を伝えています。

少しずつではありますが、障害者雇用数は毎年増加傾向にあり未だに50%以上の会社に「障害者を雇用する義務」がある点が就活中の障害者が知るべき事実です。

2019年時点で50%以上の会社が障害者を雇用する義務を持っているので、諦めずに就職先を探す行動が大切です。

助成金目当ての中小企業・零細企業を避ける方法

国が中小企業に与える助成金は主に4つです。

  1. 特定就職困難者コース
  2. 発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース
  3. 障害者初回雇用コース
  4. 障害者トライアルコース/障害者短時間トライアルコース

中小・零細企業のどちらかを選ぶにしても零細企業には障害者を雇用する法的義務が存在しないために、中小企業と比較しても「助成金目当て」で障害者を一時雇用しようと行動する可能性が考えられます。

そのため、中小企業(ある一定以上の従業員、資本金を保有する会社)を重点的に就職先に選定した方が懸命です。

大手企業で資本が潤沢な場所でしか雇用されない傾向もありますが、中小企業は「50%以上が障害者を雇用する義務を2019年現在も怠っている」ので、狙い目と言えますよ。

障害者雇用義務がないのに障害者を雇いたがる中小企業経営者は危険

障害者雇用の義務がなくても「障害者雇用を積極的に行いたい経営者」がいるらしく、中小企業の集まる懇親会でも「人手が集まらない中小企業」が障害者雇用ならと前向きなようです。

中小企業・零細企業の大きな弱点は「人手が集まらずに事業が継続できない点」で、人がいないあまりに障害者を雇おうと画策する経営者がいるのも事実です。

中小企業は1人あたり障害者を雇用すれば年間120万の助成金を受け取れるため、雇用して法定賃金ギリギリの安月給で働かせればいくらでも黒字にできるという構図。

そもそも、障害者雇用促進法により全従業員の2.2%以上の障害者を雇用する義務があり、中小企業以上の会社で従業員数が45.5人以上の場合は障害者を従業員にしておかなければなりません。

守れない場合は1人につき5万円/月の罰金。中小企業は罰金を払い続け、大企業は清掃業務などを専門に行う100%出資子会社を作り対応しているんですよね。

「中小企業は雇った障害者に辞められると次いつ募集するかわからないから人材として特性を活かそうとする動き」があるんですが、それでも障害者雇用義務のない中小企業は避けた方が懸命です。

障害者が中小企業で正社員枠を得やすい時代

悲しい事実ですが一般的な健常者が正社員枠を狙う場合と、障害者が正社員枠を狙う場合での「給与の差がそこまで大きくない中小企業」が増えています。

そのため、意味もなく障害雇用枠で雇用しなくてもいい動きも企業単位で増えており、障害の度合いにもよりますがあえて障害雇用枠を狙わなくてもいい雰囲気になっています。

中小企業は業種分類・従業員数・資本金/出資総額によって規定

日本の中小企業基本法において「中小企業」に分類される業種は、

  1. 卸売業
  2. サービス業
  3. 小売業
  4. 製造業/建築業/運輸業
  5. そのほか(情報通信などはここ)

この5つに大別可能でそのほかの分類業種以外の主な業種は「4つ」あります。

また、従業員数が50〜300名以下、加えて資本金/出資総額が5000万〜3億円以下の会社が中小企業に該当します。

零細企業(小規模事業者)は従業員人数によって規定

加えて、零細企業と呼ばれる会社は小さな規模の企業のことを指しています。

中小企業基本法では零細企業は「小規模企業車」として呼称されていて、各企業5人以下〜20人以下の極めて小さな企業が零細企業に該当します。

零細企業を障害者雇用or一般雇用で狙う場合は「社長の色が会社の色になる点」を知っておいてください。会社それ自体のハンドラーは社長であり、社長の経営上の考えが色濃く反映されます。

障害者雇用率制度は従業員数45.5人以上の中小企業が対象

従業員が一定数以上の規模の事業主は、従業員に占める身体障害者・知的障害者・精神障害者の割合を「法定雇用率」以上にする義務があります。(障害者雇用促進法43条第1項)

障害者が中小企業を狙う時に「零細企業の方が、まだ良いかもしれない…!」と迷うことがあるかもしれませんが、零細企業には障害者を雇用する法的義務がないため、従業員数の多い中小企業を狙った方が得策です。

障害者が中小企業で行う業務事例と企業の課題

  1. PCデータ入力|Excel・PowerPointなど
  2. 資料の整理・電子データ化作業
  3. リサーチや情報収集
  4. 電話対応/問い合わせ対応
  5. 配送センターでの箱詰め、ピッキング
  6. 清掃業務

中小企業が障害者を雇用する上で課題となるのが「障害者側に仕事を創出できず、採用に関するノウハウが乏しいため」という点です。

従来の作業内容を健常者向け、障害者向けと割り振って判別し、新たなマニュアル作成などもする必要がある為にどうしても新規雇用をするためのコストがかかる問題を企業側は抱えています。

そのため、就労移行支援所などで事務作業を重点的に行うほか、場所によってはプログラミング作業を学習支援するのは「企業にとって即戦力になるだろうビジネススキルを準備するため」だと言えます。

障害者側は企業に採用されない苦痛を伴いますが、企業側は障害者が業務可能な範囲で新たな価値創出のための仕事を準備しなければならない課題を抱えています。

障害者雇用枠で高賃金・高年収がもらえるエージェント

障害者雇用バンク(元・旧エラビバ)

障害者雇用枠会社探し

 

  1. 高賃金求人が多い
  2. 正社員求人が多い
  3. 正社員登用有りの求人
  4. ハローワークにない求人
正社員の求人数
障害者雇用バンク90%以上
ハローワーク10%未満

 

障害者雇用バンクで

より高い賃金の障害者雇用枠

就職・転職してみませんか?

PG
PG

障害者手帳をお持ちの一都三県の東京・神奈川・埼玉・千葉と大阪府在住の方向けの障害者雇用枠専門エージェントが障害者雇用バンクです。

障害者雇用バンクの無料登録

障害者雇用(元エラビバ)について

もっと知りたい方はこちら

障害者雇用バンク(元・旧エラビバ)

障害者雇用枠の就職・転職は障害者雇用バンク

企業で働きたい

どうして良いのか分からない

手厚くサポートする障害者雇用バンクに相談をしてください

 

はじめて見ると麺食らうかもなので

登録フォームの5つの手順を乗っけときます🌺

 

PG
PG
障害者手帳をお持ちの一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)と大阪在住の方向けの障害者専門エージェントが障害者雇用バンクです。

障害者雇用バンクの無料登録はこちら

郵便番号

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 被保険証

などにも掲載されていません

覚えていない方は

郵便番号検索は日本郵便のサイトから可能です!

【登用制度】障害者雇用は契約社員→正社員が一般的な働き方?

障害者雇用バンクは正社員雇用求人があるので相談してください。

【オンライン面談/電話Web面談】自宅スマホひとつ就職転職の相談!

障害者雇用バンクはアプリダウンロード不要でオンラインでカウンセラー相談可能。

外出が面倒だし家にいながら求人は探したいならおすすめ!

【正社員採用】障害者が稼げて自立できる生き方を諦めない!

ハローワークの障害者雇用は派遣・パートタイムばかり…。

障害者が正社員を諦めずに「自立」して生きるための仕事探しを障害者雇用バンクでしませんか?

【特性対象】「身体障害」「精神障害」「知的障害」の方

  • 「身体障害」
  • 「精神障害」
  • 「知的障害」

次の障害に苦しんでるなら障害者雇用バンクで仕事を探してください!

ハローワーク窓口でも精神障害者を採らない会社が多い?

障害者雇用募集要項に「精神障害者」が入っていないことが多かったりするので、ハローワーク以外も活用ください。

データ入力以外の障害者が生きているだけの賃金を支払う会社を障害者雇用バンクは紹介してますよ!

【プライベート重視】年齢20〜45歳までなら対応可能

障害者雇用バンクは年齢が高くても「正社員の就職・転職」が可能です。

学歴は関係ない!高卒でも仕事があります

障害者雇用バンクには大卒者だけの採用じゃありません。

高卒でも正社員の仕事がありますよ

【理解ある職場で働く】業界最大級4000件以上の求人あり

障害者雇用バンクは自社求人+ハローワーク求人を紹介します。

【障害者雇用エージェント】事務・経理・人事など首都圏/大阪求人多数!

障害者雇用バンクは大手企業(首都圏)/大阪(関西圏)特化求人が多数あります。

  1. 事務
  2. 経理
  3. 人事

など、ハローワークにない仕事探しに役立ちます。

詳細記事→障害者が大手企業・超ホワイト企業で働くには?

【地方の障害者雇用求人多数】障害者向け求人サイトの東京求人多い

障害者向けの求人紹介サイトの載せてる求人が、東京(一都三県)ばかり!

地方の求人探しに困ってるなら障害者雇用バンクです!

【女性障害者積極採用】安定した働き方・ハローワーク求人・通院可・仕事にやりがいのある求人多数!

障害者雇用バンクは「女性の障害者積極採用」に意欲ある企業を紹介中!

福利厚生も含めた障害者目線の企業が登録していて、、、

  1. 独身寮/社宅あり・フレックスタイム制
  2. 家賃補助制度・保養所あり
  3. 残業なし・通院への配慮・自立できる給料

など、働く環境の良さも含めた求人選びが可能です!

【未経験求人】職歴なし・アルバイト・無職で仕事の紹介を断られた

障害者雇用バンクは未経験求人・職歴なしOK求人が多数あり、仕事探しに困ったなら相談すると次の予定が作りやすくなりますよ。

【30,000名以上】エラビバ登録ユーザーは多くいます

障害者雇用バンクは株式会社SPECIFIC(スペシフィック)が2019年9月にスタートした障害者向け求人サイト・求人支援サービスです。

障害者 働く方法
大企業障害者雇用枠のすヽめ
タイトルとURLをコピーしました