【2019】障がい者雇用のメリットデメリットはなに?|障害者差別+配慮なし+給料安いというメリットがほぼないクズ障害者雇用が存在する…

障害者 働く方法
PG
PG

障害者雇用のメリット・デメリットを書きます。

障害者雇用のメリット

  1. 障害を隠さなくていい
  2. 配慮が受けやすい
  3. 障害が理解された状態で働ける
  4. 体調面やメンタル面がマシになる
  5. 通院の配慮
  6. 時短勤務
  7. 年末調整の障害者控除手続きを会社がしてくれた
  8. 自社ビルなど身体障害者に理解があるところは設備等をバリアフリー化している。
  9. 専門職もしくは担当者、もしくは当事者に支援者がいれば会社との面談等を行える
  10. 仕事もつきっきりで教えてくれて単純作業で分かりやすくサポートしてくれる
  11. 勤務時間や休みに柔軟に対応してもらえるところ
  12. 支援してくれる職員が会社に困り事の聞き取りくる
  13. 障害者手帳が3級だから障害年金もらえないわけじゃない
  14. 手帳持ってないけど年金を受給している人

障害者雇用のデメリット

  1. 給料が安い
  2. 仕事内容があまり選べない
  3. 障害者差別+配慮なし+給料安いというメリットがほぼないクズ障害者雇用が存在する
  4. 地域によっては障害者雇用がほぼ存在しない
  5. 低賃金なのと正規雇用が少ない所
  6. 仕事内容が単純作業に偏りがちなこと
  7. 求人見ながら1番しんどいな…なのは体力が続かない

絶対避けたいクズ障害者雇用

障害者雇用では「障害者差別+配慮なし+給料安いというメリットがほぼない」雇用があるので、避けといたほうがいいです。

タイトルとURLをコピーしました