ホワイトIT企業就職、転職の方法はこちら→
GEEKJOBの就職先はどこ?気になる人は要CHECK!!

GEEKJOB(ギークジョブ)の社会人コースで学ぶか悩んでいる人はぜひ読んでみてください!!

記事を読んでみる

GEEKJOBがSES系IT企業しかないのってほんと?自社開発企業と客先常駐企業のどちらがよいのか

GEEKJOBがSES系IT企業しかないのってほんと?自社開発企業と客先常駐企業のどちらがよいのか Geek job

日本にあるIT企業の99%が客先常駐系のクライアントありきの現場にエンジニアが出向くスタイルです。そういう状況だと「自主開発は神!」と感じる人も多いです。

しかし、

SES(エンジニア派遣系客先常駐の現場)の闇、というか問題点を理解した上で面倒な現場に関わらないことがそもそも目を向けるべき問題点です。

SESの闇に落ちるのは技術力がないからやっすい現場で奴隷の如くこき使われるしかないからです。技術学んでからIT企業へ。

1.自社開発サービスは常に売れて”金”になるとは限らないリスクがある

金になりやすさ
簡単|SES<請負受託<<<<<自社サービス|難しい

SES(客先の他者現場)は嫌だ、自社サービスの開発が良いって言葉をよく聞くけど、SESで関わるプロジェクトも誰かにとっての自社サービスなんですよね。

こう考えると「社畜奴隷のように客先で扱われる現象」が嫌なのであって別に開発それ自体が嫌なわけではないわけです。

自主開発神!と声高におっしゃる技術者様はキャリアも技術力もあり職場もホワイトな方なだけであって自主開発のサービスが金稼がなきゃあんたの給料も大したことないよ?というのが現実なわけです。

SES会社がSESから抜け出せないわけは単純明快で、ただエンジニアを外に出すだけでキャッシュが手元に入ってくるから

俺はSESは嫌だ。やってらんない。ではなく「技術力がないからやっすい現場で奴隷の如くこき使われるしかない現実がある」と思った方が良いです。

|テスターから始まるエンジニアもどきでいいのか?

エンジニア職未経験採用!誰でも可能!とか抜かしてブラックSESIT企業は全くの未経験者をテスターからスタートさせるケースもあります。

テスター(バグがあるか確認する仕事)

IT未経験でもok!みたいな企業だと時たまテスタースタート案件もあるんですが、それって「誰かが書いたコードのエビデンスを残してバグあるか確認するだけ」なんですよ。

そこにエンジニアリングはありません。

テスターとしてコードを見て想定した挙動をするか確認して結果を記述してファイリングして「エビデンスどこ?」とエンジニアに聞かれたら即出さなければならない

いや、、、この仕事に未来はないんですよ。

全然コードの勉強にもならんし、あるのは設定されたコードの挙動が正しいかの丸ばつゲームです。テスターにプログラムの改修は求められないので。

テスター案件とか抜かす未経験採用IT企業だけは絶対ダメです。人生の無駄なので。

2.客先常駐先のIT企業で生き残る方法とは?

  1. コミュ力がある
  2. 技術力がある
  3. 新しい技術にキャッチアップし続けられる
  4. 元気で体力がある

根暗でヒキニートで体力が無くて日差しに弱くて客先なんておら嫌だ〜コミュ障やし人とか言わせずにコードだけ書いていたい!!な人はSES系の客先常駐企業へ行くのはやめた方が良いです。
*僕はこのキャラクターです。

上記のキャラクターが日がな毎日プログラミングし続けてめたくそギークならいいんですが、全くプログラミング初心者で元気もないし人当たりも良くないし体力もないなら辛いだけです。

新しい技術を学ぶのにもMP(精神力)が必要で、精神力は元気で体力のあるやつらに重点的に配分されやすい傾向があります。

働きながら学べる自信がある!!!

そういう方こそSESの闇におちて不平不満を言いながら退職していきます。舐めてかかるとほんとやばいです。

基本、コミュ力ある+技術力最低限ある+新しい技術学ぶの好き+元気で体力あるなら生き残れます。特に一番大事なのはコミュ力です。

|自社開発系IT企業は本当に正義?

未経験エンジニアの採用ハードルは「SES、客先常駐→受託開発(自社内)→自社サービス開発系」の順に門戸が狭まる傾向にあります。

理由としてはシンプルに需給の関係です。

3.SES特有の闇を恐れるのは技術力なく主導権を相手に握られているから

エンジニア歴3ヶ月or半年だと全然仕事がなく自主開発and/or受託開発でも求人がありません。

つまり、現場経験(実務経験)が無い状態のエンジニアだと値札が付いていないので、開発スキルがあると言っても意味がないわけです。

しかし、エンジニア業務経験1年あれば一気に求人数増えるので「経験を得る期間+お金をもらいながら成長する期間」としてSES先企業で働く選択をすることが重要です。

また、SES現場で闇を見るパターンは、、、

  1. 全くのど素人未経験から現場に放り込まれる
  2. 周囲の人に質問も出来ずに疲弊しながら長時間労働
  3. いつまでも終わらないタスク、成長しない自分

という悪循環を得てしまうことにあります。

反面、スクールand/odハロワ職業訓練などで経験を積んで「現場で仕事を通じて成長する機会」を得れば、1年後には転職できるし求人も増大します。

GEEKJOBの場合はSES系の客先常駐企業が多い傾向にありますが、GEEKJOBで学んで「経験を得る期間+お金をもらいながら成長する期間」を得れば良いだけです。

また、SES経由で経験を積みながら大きなユーザー企業へ転職すると「システムの深い部分まで知れる」ので、まずはエンジニア経験を積むスタートをし、その後どうキャリアを形成すればよいのか考えると良いでしょう。

|独学とチーム開発の大きな違い

未経験で独学し続けて勉強し続けてチーム開発の現場に入ると全然、、、みたいなことは多いです。

独学→チームでコミュニーケーションしながら1つのシステム、サービスを作るのは全く違う経験を求められるので注意が必要です。

実際の現場のようなチーム開発を学ぶ場に出会えるかどうか?

これがスクールでチーム開発経験を学ぶ上でかなり大事なことですね。

タイトルとURLをコピーしました