ニート(文系)だとIT企業就職は無理?|文系・理系のどちらが有利・不利か

ニート(文系)だとIT企業就職は無理?|文系・理系のどちらが有利・不利か ニートのIT企業就職術

ニート(文系)の経営学部卒業だった僕は、不安でした。

 

文系ニートはIT企業へ就職できるのかどうか・・・という点についてです。

 

今回は、ニート(文系)だとIT企業就職は無理?|文系・理系のどちらが有利かをお伝えします。

ニート(文系)でもIT企業就職はできる

数学嫌いで理系出身じゃなくても、文系の僕はプログラマーになれました。

 

理由として・・・

①.プログラムの基本的な文法は簡単

プログラムの基本的な文法は、基本的には簡単です。例えば、FizzBuzz問題が分からない人はプログラマーじゃない。。。なんて言うことが多いですよね。

 

あれは、FizzBuzzをプログラムで表現するために「論理演算子 / &&や||」をきっちり理解しないとダメなんです。そうしないと、本当に求められている処理を行えないので、プログラマーなのに「システム全体の処理を浅い理解のままでいじくっている」と周囲に思われてしまいます。

 

 

実際、そこまで難しくはなく論理演算子を使えるようにすれば良いのですが、初心者の場合は意外と難しい。。。というか、なんで思った通りの挙動にならない!!なんて少し熱くなったりしましたね。と、言ってもプログラムの文法で最初に引っかかるFizzBuzzが理解できれば、あとは言語固有のエラーだったりを理解すれば良いだけです。

 

 

言い換えれば「プログラミング言語を扱う上での基本的な文法を理解すること。このプログラムの書き方自体は、理系・文系関係なくできるシンプルな処理」です。

②.プログラムは入力と出力の組み合わせ

IT業界は色々な技術があるので、多彩な知識と経験を必要とします。

 

とはいえ、プログラムは入力したら出力するだけの関数です。プログラムそれ自体はただ入力された値を返すだけしかできないので、プログラムを書いてみるとそこまで難しいことはないと感じるはずです。

 

しかし、システムを意図した通りにプログラムするには、出力と入力の関係を過不足なくほぼ完璧に仕上げないといけないので、デバック&エラーの技術が極めて重要となります。なので、プログラムは出力と入力でしかないく、プログラムを書いたあとの地道なデバック&エラーに対応する姿勢が大事なんです。

 

 

そう言う意味では、確かに理系の方が地味な作業を延々と行えそうですが、文系だってできますからね。そこに差はありません。

③.論理的思考 + 全体の構成理解が重要

プログラムのコードの束のことを、何十行で「何ステップ」なんて言います。

特に大きなシステム開発の現場だと、どうしても全体のコードを理解することが難しくなるので、ユニットごとのコードのステップ数の中で、全体への理解をしていく必要があります。

 

これらの理解のために「プログラム全体の構成を、論理的に考える力」を持つことが重要で、実際、全体の処理をささっと理解できる人はプログラムが綺麗にかける人が多い傾向にあります。

 

プログラムの全体像を論理的に紐解く力が必要なので、やはりここでも文系・理系はあまり関係ないですね。

文系・理系…ではなく論理的な思考一択

プログラムは書けば良いですし、全体の構成も読めば良いだけです。

 

プログラムには必ず起承転結があり、理由があるから何か起きているので「論理的に状況を観察する能力」さえあれば、文系・理系は関係ありません。

 

しかし、理系の方が有利なのは間違いないです。

ニート(理系出身)なら、IT業界はかなり好スタートできると思います。ただ、意外と体力ない人は生き残れない(システム開発はあんがい体力勝負)ので、文系でも勝負できる環境だと思います。

 

結論、IT適正がないと体力使うし、疲れるし、お腹がへるし、頭も疲れてしまう。

(適正がないのにカタカタコードを8時間以上書いて、しかも頭を使い続ける仕事だからです汗)

 

ここら辺が今の自分にあるのかどうか?

ITへ適正が高く、長時間パソコンの前に座り続けられるかを確認すると良いかもしれません

なんにせよ、文系・理系は問題ではないんです。

 

論理的思考があるかどうかの一択ですね。

GEEK JOB:未経験からIT企業就職率No.1プログラミングスクール

 ニートが就職しやすいプログラミングスクールはGEEKJOB
おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

全くのPC初心者からでもIT企業へ就職、転職したい20代

プログラマー・エンジニアとしてのキャリアを歩みたい人

プログラミングの勉強をしたいが、どうしてよいかわからない人

ブラックIT企業に社畜として使い倒されない「大手IT企業・ホワイトIT企業」で働きたいならGEEKJOBがおすすめです。

f:id:AI-Intelligence:20180219141858p:plain

Cyber Agent 

Silicon Studio

CROOZ

DMM.com Labo

IMJ GROUP

大手、中小を中心としたIT企業へ就職、転職するための場所をGEEKJOBは用意してくれています。

未経験からIT企業へ就職したいならGEEKJOBを受けてみてはいかがでしょうか?

GEEKJOBは『九段下駅・四ツ谷駅にあるプログラミングスクールに通学する必要あり!』です。

登録はこちら(公式サイト)GEEK JOBインフラエンジニアコースはこちらGEEK JOBプログラマーコースはこちら

GEEKJOBの就職先は?GEEKJOBは本当に就職できるか評判を確かめてきました

f:id:AI-Intelligence:20180219164146p:plain
GEEKJOB無料説明会に参加した時に、こんな感じの表を見せてもらって他のプログラミングスクールとは違う点を教えてもらいました。

実際に、GEEKJOBを受講した人たちの感想は・・・

f:id:AI-Intelligence:20180219164411p:plain

コードを書いて実践的に学習できるので、GEEKJOBはおすすめ。

f:id:AI-Intelligence:20180219164439p:plain

独学だと体系的に学べない反面、GEEKJOBだとガーッと学習できるので楽しい。

f:id:AI-Intelligence:20180219164504p:plain

GEEKJOBの学習内容はオンライン共有できるので、どこでも復習可能。

f:id:AI-Intelligence:20180219164527p:plain

保守、運用系からPG、SEに転職って想像以上に大変なんですが、GEEKJOBでうまく行ったようでよかったですね。

f:id:AI-Intelligence:20180219164620p:plain

女性でもIT業界へ転身できるので、良いと思います。

受講者の約20〜30%程度は女性の方で、GEEKJOBのメンターの人たちは半数以上が女性なので、男性しかいないかも?と思って通学を諦める必要がありません。

大手IT企業に本当に入社できるの?

f:id:AI-Intelligence:20180219141858p:plain

GEEKJOBでは大手企業に入社と書いてありますが、就職先は大手ではなく中小IT企業がメインになるとのこと。

実際にキャリアアドバイザーの人たちに質問をしました。

 

では、大手IT企業に就職できるパターンはないのか?と質問すると「一度IT企業に就職、転職をした後に、経験1〜2年程度積んでから大手へ転職すると良い」とアドバイスを頂きました。

IT系の企業に勤めていると、ある程度の技術力が身についたら他社へ転職する人も多く、最初は中小企業だったけど、2〜3年後には大手で開発をしている人も多々いるイメージです。

転職組ってどうなの?と感じるかもしれませんが、IT系だと転職って当たり前なのでそこまで深刻に考えなくても良いと思いますよ。(僕も2回転職していますから)

f:id:AI-Intelligence:20180219164641p:plain

中には、こちらの方のように最初から一部上場の大手へ転職したパターンの人もいるので、自分は無理だ...。と思わず大手も一緒に狙って行く感覚でGEEKJOBに通うといいと思います。

GEEKJOBはどんな学習内容?

f:id:AI-Intelligence:20180219173128p:plain

GEEKJOBは現役のエンジニアが教えてくれます。コードを書くことを前提としていて、体験会でも実際に仕事をする時に気をつけるべきコードの書き方などかなり参考になりました。

f:id:AI-Intelligence:20180219173151p:plain

GEEKJOBの学習内容はこちら。イメージとしては、1人で0〜10までの開発を行える技術力を獲得するという感じです。

現場で仕事をする上で必要な内容を教えてもらえます。

f:id:AI-Intelligence:20180219173521p:plain

GEEKJOBでは通学型の受講を前提しているのですが、社会人から学生まで学習しやすいスケジュールを提供しています。

GEEKJOBは『九段下駅・四ツ谷駅にあるプログラミングスクールに通学する必要あり!』です。

登録はこちら(公式サイト)GEEK JOBインフラエンジニアコースはこちらGEEK JOBプログラマーコースはこちら

タイトルとURLをコピーしました