障害者が大手企業・大企業に転職するには?障害者へ理解を示す職場で、安心して勤務しましょう

障害者 働く方法
大企業の障害者雇用枠を狙え!!
この記事は約8分で読めます。

障害者しょうがいしゃ就職しゅうしょく支援!!
東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪の求人対象

障害者手帳が必要です!/障害者雇用バンク

公式サイトを開く→

障害者が大手企業・大手グループの系列会社/特例子会社が狙う理由

大企業は常に求人が来るので雇用体制がどうしても後手になっています

エージェント経由で探すのが一番理にかなっています

ハローワークの障害者雇用だと9割非正規、1割正社員(ほぼ中小企業)

大手企業、大手傘下の特例子会社で働きたい場合は、DODAチャレンジなどで探さないとほぼ求人が探せないのが現状です

障害者雇用のブラックは本当にブラックすぎて引く企業もあるというか法をスレスレで潜り抜けて恐ろしく賃金を下げてきたりなんとしても最低賃金で働かせようとしてきたりして本当に引きますよ

大企業障害者雇用の雇用・労働条件が最高

副業・復業をして良い職場の可能性が高い
中小企業と比較して実力があれば昇格チャンスがある
正社員登用までの条件が明確、実績がある場合が多い
資本を持つ大企業は給与体系がリッチで生活しやすい
企業関連グループの福利厚生が手厚くて嬉しい
労働時間がフレキシブルで柔軟性が高い
障害者雇用枠だから差別、無配慮がない職場で働ける
非正規雇用でもボーナス(賞与)をもえらる可能性が高い

障害者雇用枠であっても大企業は規定通りに給料を支払う

これが最もまともで「あるべき雇用条件」です。

自宅から通える範囲の大手企業子会社・連結子会社を狙え

例えばソニーグループの会社は子会社が1400社あるので、特例子会社以外にもそういうところに障害者雇用の需要があります。

通える距離の事業所とそこの子会社の方向性で調べると良い会社探しに繋がると思います。

他には楽天は連結子会社・持分法適用関連子会社が複数社あるので、子会社の範囲で探してみるだけで、自分の住んでる範囲の障害者雇用が見つかります。

大手企業の障害者雇用枠はSPI・適性検査があるか?

法定雇用率分の人員確保ができないほぼない可能性が高い
障害者雇用枠の人員をほぼ確保できてるSPI・適正検査で足切りの可能性有り

障害者雇用エージェントの方に確認をしました。

80%程度の会社はSPI・適性検査などをせずに障害者手帳を保有しているかどうかを最も気にするとご回答いただきました。

(20%程度は一定レベルの業務遂行力を求めるため必須とのこと。)

ここで考えてほしい点

それはSPI・適性検査の有無について。

日系大企業であればあるほど保守的です。

そのために、障害者雇用枠の法定雇用率をほぼ達成できてるなら何も考えずに障害者雇用枠の人員を満たそうとはしません。

もし、あなたが障害者雇用枠で「合理的配慮が手厚く、適切な対応をする経験を持つ大手企業」を検討するなら、一定数の法定雇用人数を満たしているかどうかを検討材料にしたほうがいいでしょう。

そうなれば、、、

  • SPI試験有り
  • 適性検査有り
  • Excel・Wordの実務経験確認

これらの前提条件を足切りにする大企業で

働けるように行動すると

より働きやすい職場選びにつながると言えます。

障害者雇用枠の正社員等用がある会社

2、3年前以上から障害者雇用枠の正社員等用を用いて

正社員になりやすい最適解であるとされてきました

・安定した就業が可能

・半年〜1年働いた後に打診されやすい

など、企業が「この人は正社員採用にしてもすぐに辞めないな…!」と判断された上で、業務態度が一定以上の評価を受けていると強いです

反面、できるなら苦労はしないのが障害者雇用

正社員雇用されやすい大企業を中心に狙う戦略は変わりません

一部の耐久値が高い人は外資系オラオラ勤務で高年収をクリアできますが、ほとんど夢の話になるので衝動性に任せて選択しないください

障害者雇用で大手企業は学歴を求めない

障害者雇用枠は学歴を重要視できません。

「年単位の勤務実績」
「社会人としての常識がある」
「障害受容と症状の安定」
「住んでる地域に求人がある」

など、障害を抱えて働きたいと考える人の中で旧帝大卒業をした人は少ないので、上記の前提条件があれば採用される見込みが高まります

障害者雇用に熱意のある大手企業は最強

ご存知の障害者雇用促進法では、民間企業の事業主に対して、常時雇用する従業員の一定割合以上の障がい者を雇用することを義務付けています。v

中小・零細の場合は全体の2%の社員数は極めて少ない反面、大手企業の場合はある一定量の社員採用(障害者雇用)が見込めるために良い職場で働きたいあなたにとって最適な選択です。

特に法定雇用率が2018年4月より2.2%へと引き上げられます。しかし、2017年の法定雇用率達成企業の割合は50.0%であり、法定雇用率の達成は多くの企業で継続的な課題となっています。

障害者雇用率制度:2021年3月1日「2.3%」引き上げ

  1. 民間企業:2.3%
  2. 国、地方公共団体:2.6
  3. 都道府県等の教育委員会:2.5

※令和3年3月1日から法定雇用率が2.3%に引き上がるため、対象となる事業主の範囲は43.5人以上に広がります。従業員43.5人以上45.5人未満の事業主の皆さまは特にご注意ください。

厚生労働省_障害者雇用率制度

従業員43.5人以上の会社は1人以上障害者を雇用する義務があります。

企業全体で達成すれば良いので「大企業系列の特例子会社・子会社で働く選択肢」を探すと良い求人を見つけられるのでは仮定します。

良い職場は障害者への特性理解のある会社

障害者として働く、働きたい職場に対して求めるのは「給料・労働条件・休日・人間関係」のいづれかですか?いえ、恐らく障害者に対する理解のある会社であることが大前提、第一義と考える方が多いと考えます。

そのため、一般企業・中小企業・零細企業よりも大手企業の方が人事労務・社員へのケアなどにも精通しており、コンプライアンスも整備されている傾向があるかどうか?

これらの理由から大手企業を目指しながら、中小、零細企業も合わせて狙う戦略が望ましいと言えます。

障害者へ理解、共感をしてくれる職場か?

この視点に立って考えてくれる

しっかりとした会社を探しましょう。

障害を抱えながら正社員採用を求めている人にとっては当面の生活費を稼ぐのすら大変なのに、下手に転職、就活してどうしようもない職場で働くことになったら目もあてられません。

給料も大事です。

生活費が必要です。

休日も大事です。

働き詰めるのは辛いです。

しかし、働けない環境ならそれはもったいない選択です。

大手企業を就職先に選んでも良いのです。

大手企業で同一労働・同一賃金制が導入

大企業を中心に同一労働・同一賃金制が導入され増田。

契約社員でも正社員と同じようにボーナスが支給されるほか、昇給・昇格もできる企業があるから、条件次第では一般枠に就くより良い所に入れるので狙うなら大企業の方が良いです。

障害者雇用ではなく一般就労で仕事探しをする人は

給料が安すぎて仕事にならないからですよね。

大企業は給与テーブルが「社内の規則」で決まっています。

役員の気分次第でお賃金が下がったり

上がったりしないで社内規定通りに支払われます。

【障害者採用 co】大手企業の障害者採用・雇用求人の見つけ方

グーグル検索で「障害者採用 co」

大手企業・一部上場企業が求人が探しづらい時や

自分で求人探しするときに覚えて欲しいテクニックです。

日本企業ドメインURLに含まれる

文字列「co(co.jpのco)」を検索結果に反映させる

グーグル検索テクニック。

ハローワークで求人が見つからない時に試してください。

IR情報で探す大手企業の障害者採用・雇用求人の見つけ方

IRとは、Investor Relationsの略

企業が株主や投資家などに対して

投資判断に必要な情報を提供する活動です。

大企業はIR情報を公開してます

大企業で障害者採用・雇用に尽力する会社が見つかります

IR情報で障害者採用・雇用求人を公表する会社は

熱意のある可能性が高いお勧め検索テクニックです

TheValuable500(V500)に署名した日本企業39社一覧

V500は2019年1月ダボス会議:世界経済フォーラム年次総会
で発足しました。

障害者が社会、ビジネス、経済における潜在的な価値を発揮できる改革を世界500社ビジネスリーダーが起こすための世界的なネットワーク組織です。

この39社は、ホワイト大企業の可能性が高いと言えます。

株式会社アーバンリサーチ
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
株式会社朝日新聞社
ENEOSホールディングス株式会社
NEC(日本電気株式会社)
オムロン株式会社
花王株式会社
KNT-CTホールディングス
参天製薬株式会社
サントリーホールディングス株式会社
塩野義製薬株式会社
清水建設株式会社
昭和電工株式会社
住友生命保険相互会社
セイコーホールディングス株式会社
西武グループ
セガサミーホールディングス株式会社
積水ハウス株式会社
全日本空輸株式会社
ソニー株式会社
ソニー生命保険株式会社
ソフトバンク株式会社
SOMPOホールディングス株式会社
大日本印刷株式会社
大和ハウス工業株式会社
合同会社DMM.com
株式会社電通
TOTO株式会社
日本航空株式会社
日本電信電話株式会社
株式会社ファーストリテイリング
マツダ株式会社
マネックスグループ
丸井グループ
三井化学株式会社
三井住友フィナンシャルグループ
三菱ケミカル株式会社
読売新聞東京本社
合計39社:2021年2月時点

令和4年最新!障害者雇用おすすめ企業の一覧

2022年で障害者雇用・採用に熱意があり積極的な企業を探しました!

大企業(国内・外資問わず)/特例子会社/都内など多様な企業の中から一覧にしています。

記事→ 【670社以上】障害者採用・雇用の積極的な企業リスト

障害者雇用でテレワーク・フルリモートで在宅勤務できる大企業の探し方

Twitterで仲良くさせていただいているまどりさんという方はDIエージェントでテレワーク・フルリモートで在宅勤務しています。

エージェント毎に強みがある令和なので、ハローワーク以外の選択肢として大企業も含めた求人のあるDIエージェントは知っておいて損なし!

加えて、障害者雇用バンクもエージェントさんからうちもリモワ求人(大企業)にあるんで忘れないでくださいと言われてました。

  • DIエージェント
  • 障害者雇用バンク
  • ハロワで時たまでる大企業

この3つの選択肢から選んでおくと間違いないですよ

タイトルとURLをコピーしました