GEEKJOBの就職先はどこ?気になる人は要CHECK!!

GEEKJOB(ギークジョブ)の社会人コースで学ぶか悩んでいる人はぜひ読んでみてください!!

記事を読んでみる

障害者が大手企業・超ホワイト企業で働くには?障害者へ理解、共感をしてくれる職場で安心して勤められる方法

障害者 働く方法
障害者(障がい者)の人が大手企業、大手IT企業、超ホワイト企業で働きたいと感じたら、どうするべきか?お伝えします。

障害者雇用の選考基準はシンプルにコミュニケーション(手話や筆談は避けられがち)なので、応募書類には会話OKの旨などを記載しておくと良いです。

【初めての方向け】atGPを使うと上手くいきやすい方の特徴

  1. 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳 の交付を受けている方
  2. 関東・関西・名古屋に在住の方で初めての就職・転職を希望する方
  3. 初めての就職、転職活動で困っているならatGPがお手伝いしてくれます

初めての就職・転職活動ならatGPが大手企業・大手IT企業・超ホワイト企業など社員目線の良い職場で働き始めることができるのでおすすめです。

アットジーピー【atGP】の詳細を確認する

アットジーピー【atGP】に登録する
内定まででなく、入社後のサポートも充実!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

1.障害者雇用をに熱意のある大手企業を中心に就活、転職活動

ご存知の障害者雇用促進法では、民間企業の事業主に対して、常時雇用する従業員の一定割合以上の障がい者を雇用することを義務付けています。

 

中小・零細の場合は全体の2%の社員数は極めて少ない反面、大手企業の場合はある一定量の社員採用(障害者雇用)が見込めるために良い職場で働きたいあなたにとって最適な選択です。

 

特に法定雇用率が2018年4月より2.2%へと引き上げられます。しかし、2017年の法定雇用率達成企業の割合は50.0%であり、法定雇用率の達成は多くの企業で継続的な課題となっています。

良い職場とは障害者への理解のある会社

障害者として働く、働きたい職場に対して求めるのは「給料・労働条件・休日・人間関係」のいづれかですか?いえ、恐らく障害者に対する理解のある会社であることが大前提、第一義と考える方が多いと考えます。

 

そのため、一般企業・中小企業・零細企業よりも大手企業の方が人事労務・社員へのケアなどにも精通しており、コンプライアンスも整備されている傾向があるかどうか?

 

これらの理由から大手企業を目指しながら、中小、零細企業も合わせて狙う戦略が望ましいと言えます。

 

障害者へ理解、共感をしてくれる職場か?

 

この視点に立って考えてくれる会社を探しましょう。

障害を抱えながら正社員採用を求めている人にとっては当面の生活費を稼ぐのすら大変なのに、下手に転職、就活してどうしようもない職場で働くことになったら目もあてられません。

給料も大事です。生活費が必要です。

休日も大事です。働き詰るのは辛いです。

 

しかし、働けない環境ならそれはもったいない選択です。

大手企業を就職先に選んでも良いのです。

2.就労移行等実態調査で、雇用の確保以上に長く働き続けられる取り組みが必要と判明

平成28年度に「就労移行支援事業所」を経て企業等に就職した障害者が173人いた一方で、同年度の離職者が75人(調査年以前を含む)いました。

 

これらの事実は就労する以上に、安定して働ける職場探しが極めて重要だと伝えてくれています。その為、最低限以上の生活費・労働条件を考えながら「人を第一に考える組織」を選ぶことが良い企業探しの鉄則です。

 

組織とは、人です。

 

組織(会社)の中で働く人たちのことを第一に考えてくれているかどうかを心の中に置きながら良い会社探しをするしかありません。それらの理由からも、人を大事にする余力のある大手企業・超ホワイト企業・大手IT企業を選ぶことは大事です。

契約社員から正社員への道があるのが大手企業

大手企業・大手IT企業では契約社員での障害者手帳を持つ方への事務職を中心とした採用を行なっています。その後は働きいかんで正社員への登用も可能です。

 

障害者の契約社員の方から正社員になるケースは意外と多く、社内も仕事に取り組める前向きな人たちの多いホワイトなIT企業だと知り合いの友人もよく言っています。

契約社員から正社員になる選択ってどうなの?

契約社員から1〜1年半働いてみてその後正社員を目指すべきでは?と言われるのは良いけど、実際やってみようとなると不安ですよね。

 

しかし、日本はキャリアが物を言う社会なので少しずつ職歴を積み重ねる選択は結果的に将来の役に立つと考えます。下手によくわからない会社にいって短期離職するなら安定的な大企業を目指した方が、あ、この人は大手にいたんだ。と感じられて評価も高まります。

 

特に大手企業の契約社員はやる気とスキル、経験があれば積極的に正社員登用する動きが強く、気になる会社の面接時点でどんな人が契約→正社員になっているのか確認すると安心しては叩けると思います。

3.大手企業・大手IT企業・超ホワイト企業へ障害者から就活、転職するならエージェントに手助けしてもらう

障害をもつ方の就職に詳しいひとにアドバイスを受けて、親身な就労移行支援を受けることは極めて価値があります。具体的には「面倒な書類作成から面接サポートまで!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】 」という就職、転職サービスです。

 

大手企業で働きたいと考える時に問題となる「障害を抱える私、僕への理解をしてくれるのかどうか?」を真剣に考えた上で、あなたにとって最適なIt企業を探してくれます。

*IT企業も含めたホワイト企業を紹介してくれます。

実際、これだけの大企業と関係もあり、合わせて中小企業・零細企業との強いパイプも持ち合わせているので「自分ひとりで働ける企業が見つからないと不安に思う必要」もなくなります。また、面接対策、職務経歴書対策、筆記試験など企業で働く上で必要となる「大事な準備」を丁寧にサポートもしてくれます。

 

大手企業で働きたい。けれど、どうして良いのか分からない。不安だ。

 

それなら、障害者雇用の文脈で15年以上サポートを続けたatGPのプロのアドバイザーの方と一緒に大手企業を含むホワイト企業で働く選択をしてみてください

atGPは幅広い障害を抱える方へのお手伝いが得意

障害者雇用の選考基準はシンプルにコミュニケーション(手話や筆談は避けられがち)なので、応募書類には会話OKの旨などを記載しておくと良いです。

atGPを使うと上手くいきやすい方の特徴

  1. 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳 の交付を受けている方
  2. 関東・関西・名古屋に在住の方で初めての就職・転職を希望する方
  3. 初めての就職、転職活動で困っているならatGPがお手伝いしてくれます

アットジーピー【atGP】の詳細を確認する
アットジーピー【atGP】に登録する
内定まででなく、入社後のサポートも充実!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

4.大手企業・大手IT企業・超ホワイト企業をatGPで探すコツは?

atGPで大手企業・大手IT企業・超ホワイト企業etcを探すには「atGPのフリーワード検索で大手企業と入力してもそこまで企業数が出てこない」ので「障害者雇用に積極的な大手企業をGoogle検索で探してその企業名をatGPで検索し、エージェントと一緒に働くための準備をする」のが最適です。

 

前述のように企業は従業員の2%以上を障害者雇用にしなければならないため、障害者雇用に積極的な大手企業はWebページなどで障害者の雇用枠ページを用意しています。なので「大手企業 障害者雇用」などとGoogle検索して良いと感じる企業を1つだけ探してみてください。

 

その後はatGPで引き続き似たような良い会社を中心に攻めていけば良いだけです。