【辞め方がわからない】新卒社員の安全安否を気遣わないくそ上司がいる?いや、今すぐ辞めて正解でしょう。辞めたい理由を書き出して、無理なら転職した方がましです

ある日、電車がめちゃくちゃ遅延して「いつもより30分くらい遅刻する可能性」が生まれたんで、上司に連絡したんですよ。

したら、

 

俺の時はそんなことなかったぞ?

と、一言。

 

いや、お前が乗った時はそりゃそうだろうよ。今の話だよバカめ!!!

今回は、新卒社員の安全安否を気遣わないくそ上司に対する対応策です。

1.新卒社員の安全安否を気遣わないくそ上司がいる?いや、今すぐ辞めて正解でしょう

昨日、この事例を目にして、思い出しました。そういや退職したくてたまらなかったあのクソ企業もバカ上司しかいなかったなと〜。今は辞めてせいせいしていますけど、本当にありえないでしょ?あいつらゴミ以下ですよ。

そう、たった一言。

あいつらは部下を人間として扱っていないです。ただそこに存在している「仕事を完了させるための道具」でしかないんです。ある日突然辞めてしまっても、奴らは何も感じません。面倒だな〜。また人員補充しないと!くらいしか感がていないんですよ。

奴らはゴミであり、人間以下のクズ。これは、絶対です。

人間を人間とも思わない。単なる家畜程度にしか奴らは考えていません。

まともな職場もあるんでしょうけど、新卒カードで大当たりとか無理ゲーです。僕の場合は新卒入社した直後に退職決意したぐらいですから、もう、大外れ。

部下の身の安全を心配できないような上司についていく必要なんてこれっぽっちもないですね。

自分の評価が落とされても 部下を守るのが上司というもんです。

信頼関係あっての上司と部下。 それすらもない企業に居残る義理なんて全くないです。

時間と労力の無駄と判断してすぐにでも退職すべきです。特に、部下を大事にしない上司に付いてく必要なしです。「今は売手市場で仕事いくらでもあるので、まともなとこに行きましょう

友人の企業は、家族含め親戚の安否確認を徹底的に報告させていて、 その報告が終わるまでは仕事するなというスタンスのホワイト企業なんです。探せば見つかります。

会社の辞め方。

それがわからないから、大変なんです。シンプルですよ。ただ、辞めるだけ。

退職届を出して、失業手当をハロワでもらえるようにして、次の転職活動をする。

ただ、これだけです。

2.会社の辞め方がわからないから新卒社員、新入社員は辛いんだけだ

  1. 20代第二新卒で転職先なんて見つからないし、転職先なんてない
  2. 転職できたとしても年収激減する
  3. この後、新部署異動させる予定だった
  4. この後、昇給させるつもりだった
  5. あと1年頑張れ、もうすこしだけ頑張ってみろ

転職したいと言ってる割には何も行動して無い。

迷いは不安がある新卒のうちは、奴らのこんな脅し文句に屈します。

当時の僕は自分に自信が持てないし。 太ってるし、髪のセットはうまくいかないし、仕事もできないし、要領も悪いし、彼女もいない。

そんな不安すぎる状態で働いていたんですけど、それは環境が悪いから。

結局、場所が変われば人も変わります。経験からいって、上記の5つのことを言い出す奴らはほぼ黒です。真っ黒クソ上司ですよ。

3.年収400万以下で結婚も何もできない人生で良いのか?

別に金がめちゃくちゃ欲しいわけじゃないけど、年収300万以下の低賃金で自分の人生を1年売り続けるような選択をしたくありませんでした。

ありえないでしょ?

年金・保険料・住民税など税金でめちゃくちゃ消えていくのに、毎月の手取りは14,5万程度で何も贅沢もできない。

それもこれ、会社が僕たちに大した給料も渡せないビジネスモデルだからです。

ほんと、金次第ですよ。僕はいやですね。

奴隷のように年収300万以下で扱われる人生なんて。

4.クソ上司のいる職場からまともな上司のいる会社へ新卒転職したのは「就職shop」だった

  1. 【100%取材】企業は担当者が仕事内容・給与・職種・職場の雰囲気・同僚/上司のイメージ・働き方まで徹底調査
  2. 【書類選考なし】履歴書なしで即面接!あなたと直に会って人柄・意欲を大きく評価
  3. 【豊富な職種&求人】営業・事務・IT系・企画などやりたい仕事を未経験から働ける職場環境を手に入れられる
  4. 【成長できる場】就職shopが伝える企業は採用意欲もあり社員を成長させる仲間意識と働く充実感を得られます。
  5. 【4人に3人】就職shopを利用する75%の人たちが働きやすいホワイト企業へ正社員内定

面接対策大変だからもう嫌だ」「良い企業を自分で探すのは難しすぎる」「正社員として、自分が成長できる良い職場を知りたい」と考えていた僕は「DODA」や「マイナビエージェント」ではなく「就職Shop」を選択しました。

IT系の仕事。ソフトウェア関連の仕事。プラント、設備関連の仕事や、、、

化学、石油関連の仕事。広告、デザイン関連の仕事。人材、教育関連の仕事。

建築、土木関連の仕事。不動産、建設の仕事。金融、保険の仕事などがあります。

  1. 面談予約(どんな働き方がしたいのかを事前に共有)
  2. 求人紹介(さまざまな職種から本当に働きたい職場を探す)
  3. 企業面接(第二新卒なら面接対策は不要)
  4. 就職決定(面接を受けて、働きたいと感じたら、前向き検討=>内定)

の順序で、僕は随分簡単に「就職Shop」で就活ができてしまいました。

本当に働きたい企業を探しているなら、一度就職shopに相談してみてください。僕は成長できて、新卒入社してしまったダメ企業とは全然違う職場に転職成功しましたから。

就職Shopの詳細
 

就職Shopに登録

4.DODA・マイナビエージェントとなにが違うのか?

就職shopと合わせてDODA、マイナビエージェントを利用していましたが、特に違いがあったと感じたのは「DODA、マイナビはキャリア形成のための20代後半の人が使うと、良い企業へ就職しやすい点」でした。

35歳までにキャリア形成して〜など、色々と書類をもらったり、こんな企業いかがですか?と爆撃のように色々な企業を紹介してもらっていたんですが、面倒だな〜と。

反面、

就職shopの場合は自分目線で「職種・業界・職場」を選べたので、最終的に彼らの面倒な対応をせずに、就職shopエージェントの人に良い企業を探してもらって、面接だけいくようなスタイルに落ち着きました。

*就職shopでは即面接=>内定の順番で就活が可能です。

前の職場で疲れ果てていたけど、転職活動はしないとダメだ・・・

そう考えていたので、就職shopはちょうど良かったですね。

想像以上に、新卒、第二新卒目、既卒目線の提案を絶えずしてくれますよ。

気になる方は「就職Shop」で、就職・転職活動を始めてみてください。