【即日退社】新卒だけど会社辞めたい|新卒くそゆとりが就活を早く終わらすために入社して、鬱々と自己嫌悪しまくる日々に絶対に仕事辞めてやると強い決意したよね

新卒だけど会社辞めたい…。

 

くそゆとりのくせして「就活早くおわんねぇかな〜」とか調子乗った。

 

鬱々と社会不適合者のくせして、入社しちまって自己嫌悪しまくる日々。

そんな時にどうしたのか?どうするのか?を書いていきます。

1. 新卒だけど会社辞めたい。いますぐ退職届書いて転職したい。くそゆとりが調子乗った。

土曜日、てか日曜日の終わりには憂鬱な気分になってサザエさん症候群みたいになるし、転職するしかないのわかっているけど全然行動できない。7日ある1週間の間で「心が安らぐ瞬間なんて1ミリも存在しないし、楽しい感情なんて全くない状態」でした。

つれぇ。苦しい。逃げ出したい。変わらなきゃ。日が進む。月曜日。上司に会う…。

もう、全てが地獄でしたよ。地獄なんてもんじゃない。

息もできなければ意識も一瞬くらっと吹き飛ぶくらいのあのきつすぎる苦しさ。

絶望的に今の会社の仕事が自分に合っていない。

退職したい旨を上司に告げたら、

  1. まだ早いよ。考え直して欲しい
  2. 新入社員を育てるための初期投資として、研修があるんだ(家から3時間…
  3. お金も人もいっぱいかけて君を採用したんだよ?

と、正論を言われて辛いし、そう言われると心が痛いんです。

好きなブロガーさんも、本気で転職した方が良い。

とは言うんですけど。

けどどうしよう・・・と、もどかしい気持ちでたくさんでした。

就業規則を調べたら退職を告げてから退職まで1ヶ月かかるらしい

1ヶ月も会社にいなきゃならんのか?と後込みしてしました

今更ですけど、別に辞めたいと告げれば辞めていいんですよ。会社都合の規定は、労働法に乗っ取ったルール(規則)ではないので、辞めたいと告げた時点で退職できます。

辞める旨を上司に伝えてから何日くらいで辞められるんだろうか。

とか気にしなくて良いです。

辞めたい時に辞められる。

これが、会社員の特権です。

民法の規定では2週間前(14日前)と定められていますが、全然問題なしです。

会社、社会、学校、なんでもそうなんですよ。

自分勝手なルールを押し付けて、僕たちが成長する機会をガンガン奪う。

そのくせ、給料は少ないし、仕事はきついし、残業毎日休日返上。

本当に、ありえないんです。

2.働いて寝るだけの生活と人生なんて真っ平ごめん。何のために生きてんのか?

仕事で疲れて帰ってきて、自宅で気づいたら寝落ちして朝になって急いで支度して走って電車まで駆け込んで、仕事にいく毎日。

なんでこんなつらい思いして働かなくちゃならないのか?

生きるために働いてんのに仕事して鬱になって退職したいとか、本末転倒だよ。

こういう視点を見て、あーこれは僕に向かって言っているな。と思いますよね。

当時の僕にはこんな言葉なんてなかったんですけど、ほんと、この通り。

この企業で内定承諾しないともう二度と他から内定貰えない!と思い込んでしまったあたりが、本当にミスでした。

お金よりも自由。やりたいこと、なりたいものたくさんあるんです。

  1. 今の仕事を続けては、自分がダメになってしまう
  2. 成果100%帰ってくる複業に比べたら頑張っても成果を全部会社に横取りされてつまらない
  3. キャリアの方向性を35歳まで築け!と言われると疑問しかない
  4. 次にどんな会社で働くのか未来を妄想するとワクワクする
  5. 新しい挑戦はいつまでも、常に楽しい
  6. 会社の仕事も頑張る。けど、仕事も趣味も全力投球

ここら辺の考えを自分なりに考えて、変わる決意をしました。

就活も大変だったけど、何より「何もわからないくせして自分でどうにかしようと必死に頑張ったことが間違いだった」と、就活失敗してから気づけました。

というか、先輩がですね、

新卒の頃に「辛い、辞めたいと思った時こそ、こらえる時だ!」とか言った先輩がすぐに辞めやがったから、本当に辛い人は辞めるんだと知ったよね。

3.即日退社から第二新卒転職をしたい時に、僕はどうしたのか?

  1. 【100%取材】企業は担当者が仕事内容・給与・職種・職場の雰囲気・同僚/上司のイメージ・働き方まで徹底調査
  2. 【書類選考なし】履歴書なしで即面接!あなたと直に会って人柄・意欲を大きく評価
  3. 【豊富な職種&求人】営業・事務・IT系・企画などやりたい仕事を未経験から働ける職場環境を手に入れられる
  4. 【成長できる場】就職shopが伝える企業は採用意欲もあり社員を成長させる仲間意識と働く充実感を得られます。
  5. 【4人に3人】就職shopを利用する75%の人たちが働きやすいホワイト企業へ正社員内定

面接対策大変だからもう嫌だ」「良い企業を自分で探すのは難しすぎる」「正社員として、自分が成長できる良い職場を知りたい」と考えていた僕は「DODA」や「マイナビエージェント」ではなく「就職Shop」を選択しました。

IT系の仕事。ソフトウェア関連の仕事。プラント、設備関連の仕事や、、、

化学、石油関連の仕事。広告、デザイン関連の仕事。人材、教育関連の仕事。

建築、土木関連の仕事。不動産、建設の仕事。金融、保険の仕事などがあります。

  1. 面談予約(どんな働き方がしたいのかを事前に共有)
  2. 求人紹介(さまざまな職種から本当に働きたい職場を探す)
  3. 企業面接(第二新卒なら面接対策は不要)
  4. 就職決定(面接を受けて、働きたいと感じたら、前向き検討=>内定)

の順序で、僕は随分簡単に「就職Shop」で就活ができてしまいました。

本当に働きたい企業を探しているなら、一度就職shopに相談してみてください。僕は成長できて、新卒入社してしまったダメ企業とは全然違う職場に転職成功しましたから。

就職Shopの詳細
 

就職Shopに登録

4.DODA・マイナビエージェントとなにが違うのか?

就職shopと合わせてDODA、マイナビエージェントを利用していましたが、特に違いがあったと感じたのは「DODA、マイナビはキャリア形成のための20代後半の人が使うと、良い企業へ就職しやすい点」でした。

35歳までにキャリア形成して〜など、色々と書類をもらったり、こんな企業いかがですか?と爆撃のように色々な企業を紹介してもらっていたんですが、面倒だな〜と。

反面、

就職shopの場合は自分目線で「職種・業界・職場」を選べたので、最終的に彼らの面倒な対応をせずに、就職shopエージェントの人に良い企業を探してもらって、面接だけいくようなスタイルに落ち着きました。

*就職shopでは即面接=>内定の順番で就活が可能です。

前の職場で疲れ果てていたけど、転職活動はしないとダメだ・・・

そう考えていたので、就職shopはちょうど良かったですね。

想像以上に、新卒、第二新卒目、既卒目線の提案を絶えずしてくれますよ。

気になる方は「就職Shop」で、就職・転職活動を始めてみてください。