【障害者雇用求人は少ない】障害者雇用率(法定雇用率)が上がるが働けないし、生活が苦しくなる以上週5で働かなきゃ。障害を抱えながら前に進む人へ

障害者雇用の義務化が生じている反面、そうそう簡単には雇用されるまでに到達できないケースも多いです。

今回は、特に障害者雇用の現場がどんな状況になっているのかをお伝えします。

障がい者雇用って給料少なさそう。障害者求人は少なくて大変そう。などたくさんの人が感じています。


【初めての方向け】atGPを使うと上手くいきやすい方の特徴

  1. 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳 の交付を受けている方
  2. 関東・関西・名古屋に在住の方で初めての就職・転職を希望する方
  3. 初めての就職、転職活動で困っているならatGPがお手伝いしてくれます

初めての就職・転職活動ならatGPがおすすめです。

 

【女性の方向け】ぽじチャレを使うと上手くいきやすい方の特徴

  1. 18〜54歳で「身体障がい者手帳」を持ち「精神疾患」のない女性の方
  2. 一都三県(東京・千葉・横浜・埼玉+大阪・三宮近辺で働きたい方)で就職・転職したい女性の方
  3. 精神疾患などお持ちの女性の方は「アットジーピー」を利用されるとGood

女性の方ならぽじチャレで女性目線の就職・転職活動のお手伝いをしてもらってください。

1.障害者の雇用率(法定雇用率)が上昇|障害を抱える人たちが働きやすく雇用されやすくなる

2017年には障害を抱える方たちの新規求職申し込み数は約20万人2千人となり、2018年4月時点で法定雇用率(企業に義務付けられる障害者雇用率)が2.0%から2.2%に引き上げられています。

  1. 民間企業        ・・・2.2%(対象労働者数45.5人以上の規模)
  2. 特殊法人・独立行政法人 ・・・2.5%(対象労働者数40人以上の規模)
  3. 国・地方公共団体    ・・・2.5%(除外職員を除く職員数40人以上の機関)
  4. 都道府県等の教育委員会 ・・・2.4%(除外職員を除く職員数42人以上の機関)

企業は雇用する人たちの「2%以上」に障害者を含む義務を持っているということです。100人の企業なら2人は障害を抱える人たちを雇用しないと法律違反というイメージです。基本、多くの企業では「障害を抱える方たちを雇用する義務」を持つ状態になっています。特に精神障害者の方(発達障害者も含む)も合わせて働ける可能性が大きくなった側面が重要なポイントです。

障害者雇用率制度とは?

障害者雇用促進法では民間企業、国、地方公共団体にて「身体障害者・知的障害者・精神障害者(発達障害を含む)」を雇用することが義務付けられています。理由なく障害者を雇用しない企業は、社名の公開も行われるので、以前よりも障害を抱える方たちが雇用されやすい状況になっています。

障害を抱える人たち側が考えるべきこととは?

日本では障害者の企業雇用率を高める施作を年々行なっている状態です。

しかし、障害者採用の場面においてよくあるケースとして「なんでもできるスーパーマンでなければ、障害者雇用の場面ではマイナスなのではないか?」と不安に感じてしまうこと。

「面接では障害の事をクローズにして、言われた事をなんでもできるようにしなければ!!」

「できないことなんてありえない・・・。不採用にされてしまうから、なんでもできます!!」

「仕事の場面では、勢いでもっと仕事ができると言うが、じつはいっぱいいっぱいで大変すぎる・・・」

など、雇用されたい。働きたいと思うあまりに「実力以上に努力しなければいけない」と思い込んでしまう傾向があります。

 

しかし、不安でも「自分ができる範囲でできることをする。できないことはできないと言う」

 

この姿勢が重要です。(めちゃくちゃ怖いとは思いますが・・・

できない事を伝えた上で、何が自分にならできるのかを考えた就職・転職活動が大事です。

もったいないな〜。もう少しできるといったら、採用されるかもしれない。なんて過信してしまい、いざ働いたらすごく大変で途中で退職しないといけなくなってしまった・・・なんてことになったら大変です。

*企業にとってもあなたにとっても、嬉しくない結果です。

2.障害者雇用求人は難しい?|書類選考・未経験・学歴・職務経歴で落とされまくる傾向あり

仕事、本当に決まるかな?仕事、続けられるかな?大丈夫かな・・・

そう不安に感じて求職、就職、転職活動を続ける障害者の方は総じて「給料が多い方が嬉しいけど、自分と適していて、社員のことを第一に考えてくれる会社で働きたい」と考えています。

*最近会う障害者の方はほぼこの話題です。

いきいきと障害があっても働ける職場が身近にない。けれど、早く働きたいから必死に不安になりながらも仕事を探している。

懸命に仕事さがしをしている人たちが、僕の身近には多いです。

IT系なんで、どうにか入れ込めないか上長に話すんですけど、なかなか難しい状況だったりもします。

【悪質差別?】発達障害を雇用すると言いながら身体障害者の方しか雇用しないケース

企業によっては、仕事の質から身体障害を抱えている方を優先的に雇用する傾向があります。

理由としては、仕事が大変で精神障害、発達障害を抱えている人たちが仕事を続けられる可能性が低いからです。

障害者雇用の現場では、必要以上に障害者の方が努力してしまい、その後退職するケースも意外に多いんです。

*不採用にされたり、途中で解雇されないように不安を抱えながら必死になってしまうため。

この場合、精神障害、発達障害を抱える人でも積極的に未経験採用してくれる障害者向け求人サイトを利用すると良いです。

 

これは!と思った企業が実は障害者目線で悪質な差別をすると感じる求人雇用しかしていない。

 

そんな障害者と企業にとって辛い場面になってしまうケースも多いからです。

不安のあまり、どうしても企業に頼る、会社が採用してくれないのが悪いと考えてしまうかもしれませんが自分と相性が良い企業と出会える場所を探す選択が大事です。

【正義の鉄槌】どんな障害者でも雇うように義務付けることは、正しいのか?

障害者手帳を持っている場合、企業は法定雇用率のために採用をしたいと考える傾向にあります。

だからと言って、誰でも彼でも採用することは、そう簡単にできることではないのが現状です。少しずつですが日本でも障害者雇用を義務付ける傾向になってはいるもの、全体の2%以上程度でしかなく、完全な義務付けは難しいでしょう。

ただし、以前よりも障害を抱える人たちを雇用する義務は強くなってきています。

障害者手帳を持っているなら、人事にそれとなく謙虚に今私は障害者手帳を持っていて、御社にて少しずつ仕事をしたいと考えていると伝えることも可能です。

【障害者雇用のメリット・デメリッt】障害者雇用で働いている会社の良いところってどこ?

障害者雇用を当たり前にしているので、問題なく働ける


収入の不安定な部分もあるので、生きていけるか?を大前提にした求職活動が大事
というイメージです。一長一短ではあるものの、クローズドで激務 or 障害者雇用で安定のどちらを選択するのかが大事。

3.障害者雇用に特化した就職・転職サイトのエージェントをお伝えします

1. 【初めての就職、転職活動向け】障がい者(障害者)総合就職転職サービス「atGP/アットジーピー」

障害をもつ方の就職に詳しいひとにアドバイスを受けて、親身な就労移行支援を受けることは極めて価値があります。

具体的には「面倒な書類作成から面接サポートまで!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】 」という就職、転職サービスです。

IT企業で働きたいと考える時に問題となる「障害を抱える私、僕への理解をしてくれるのかどうか?」を真剣に考えた上で、あなたにとって最適なIt企業を探してくれます。

実際、これだけの大企業と関係もあり、合わせて中小企業・零細企業との強いパイプも持ち合わせているので「自分ひとりで働ける企業が見つからないと不安に思う必要」もなくなります。

また、面接対策、職務経歴書対策、筆記試験など企業で働く上で必要となる「大事な準備」を丁寧にサポートもしてくれます。

IT企業で働きたい。けれど、どうして良いのか分からない。不安だ。

なら、障害者雇用の文脈で15年以上サポートを続けたatGPのプロのアドバイザーの方と一緒にIT企業へ挑戦してみてください

atGPは幅広い障害を抱える方へのお手伝いが得意


atGPを使うと上手くいきやすい方の特徴

  1. 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳 の交付を受けている方
  2. 関東・関西・名古屋に在住の方で初めての就職・転職を希望する方
  3. 初めての就職、転職活動で困っているならatGPがお手伝いしてくれます

アットジーピー【atGP】の詳細を確認する
アットジーピー【atGP】に登録する

2.【女性の障がい者ならこちら】女性の障害者転職サービス「ぽじチャレ」

ぽじチャレでは入社後3ヶ月の退職率が「0」で、日本最大級の4000件の求人から「女性に適した安心した職場」を徹底的にサポートしています。面接通過率も「75%」と、自分で面接を受けたら100社受けて1社受かりそうなところを何百倍も引き上げてくれます。

 

女性の障害者の方への徹底的なカウンセリングをしてくれるので、女性ならではの「結婚・出産・育児に関する深い悩み」にも理解のあるベテラン女性コンサルタントが対応してくれます。安心して仕事のことを話せて、しかも、女性どうしで「悩みについて相談ができる機会」なんて、そうそうありません。*ご家族とも話しづらいんですよね。

 

女性に人気で、働きやすい求人の質が高い案件ばかりを伝えてくれます。よくわからないままに求人サイトを使うくらいなら、ぽじチャレで悩みを解消した方が良いですよね?

ぽじチャレでは求職者希望に徹底的に沿って転職活動をお手伝いできるように全力を尽くしており、「特にカウンセリングは専門の担当者が2時間程度じっくりとお話をお伺いし、必要な配慮事項や希望条件を遠慮なく伝えられるよう」になっています。

女性の障害を抱える人は、まずはぽじチャレに相談してみて悩んでいることを伝えて欲しいです。

ぽじチャレで新しい職場で働いている女性の方へインタビュー

ぽじチャレを使うと上手くいきやすい女性の特徴

  1. 18〜54歳で身体障がい者手帳を持ち「精神疾患」のない女性の方
  2. 一都三県(東京・千葉・横浜・埼玉+大阪・三宮近辺で働きたい方)で就職・転職したい女性の方
  3. 精神疾患などお持ちの女性の方は「アットジーピー」を利用されるとGood

女性の障害者転職サービス「ぽじチャレ」の詳細を確認
女性の障害者転職サービス「ぽじチャレ」に登録

3.「発達障害・精神障害に強みをもつ就労移行支援」が可能な施設の方にアドバイス(助言)をもらいながら、ゆっくりとIT業界を目指す

いきなり働く企業を探すのは、少し怖いし、まだ準備が必要だ。

そう感じているなら、発達障がいと精神障がい(うつなど)を持つ方への就労支援に力をいれているラルゴ高田馬場を受けることですね。

もし、いまどうして良いのかわからず迷っているなら一度相談をしてみてくださいね。

ラルゴ高田馬場ってどんな企業なのか?

f:id:einginner-carry:20170908081450p:plain

ラルゴ高田馬場は、発達障がいと精神障がい(うつなど)を持つ方に対して労支援を行う職業訓練・求人紹介企業です。

就労の準備が出来ている。もしくは転職を希望している障がい者手帳をお持ちの方(障がいの種別は問いません)を主な対象として、 時間をかけて良い企業で働くための準備をしていくことができます。

IT系(プログラマー/SE/エンジニア)のお仕事につくための準備を職業訓練校で行う場合、求められるレベルが極めて高く、常に緊張の中で訓練を受けつづける必要があります。

反対に、就労移行支援施設を使う場合は、次のメリットがありますね。

体調が悪くても最大2年かけて調子を整えながら通えること

就活の時に、職員さんが同席の上、面接を受けられることが可能な場合があること

ラルゴ高田馬場は発達障害、精神障害に特化した就労移行支援を行うこと

ラルゴ高田馬場は、結果的にピアカウンセリングに繋がりやすいこと

ピアカウンセリングとは?

ピアカウンセリングは1970年代初め、アメリカで始まった自立生活運動の中でスタートしました。

自立生活運動は、障害を持つ当事者自身が自己決定権や自己選択権を育てあい、支えあって、隔離されることなく、平等に社会参加していくことを目指しています。

ピア・カウンセリングとは、自立生活運動における仲間(ピア)への基本姿勢のようなものです。

たった一人の力で頑張るのは辛く、苦しく、大変なことです。

就労移行支援施設の利用期限の2年という縛りにこだわり過ぎず、延長を使ってでも勤怠を安定させてから就活してみてください。

これから数十年働くことを思えば、この2〜3年は人生の中ではちょっとした寄り道です。

急がば回れ」の考え方で、良いお仕事に出会えるようにしてくださいね。