【親子必見!】子供向けプログラミング教室を選ぶ前に知りたい疑問・知りたいことまとめ|息子、娘が学校でプログラミング学習するなら親目線で理解しておきたいこと

2020年から小学校教育でプログラミング学習が始まりますが・・・

  1. 子どもプログラミング教室に通わせるべきか?
  2. 子どもにプログラミングなんて必要なのか?
  3. プログラミングよりスポーツ、芸術関連がよくないか?

などなど、お子様に関して様々な疑問を持っていると思います。

息子を持つ親目線で、僕が子ども向けプログラミング教室を選ぶ前に知りたいこと、疑問点などをお伝えします。

目次

1.子供向けプログラミング教室を選ぶ前に知りたい疑問まとめ

|学ぶ言語(英語、中国語、プログラミング言語)を選ぶ時代

プログラミング言語と英語が2020年の小学校教育から必修科目(プログラミングは授業内利用or科目として扱うなど)の方向性で動いています。プログラムを書けるようなお子様にしたいのか?英語、中国語が喋れるようにするのか?

などなど、どの言語に対して適正を持つ教育を行うのかを考える段階に突入していると言えます

|プログラミングを学ぶと英語学習にもつながる

プログラミング学習は文部科学省の「プログラミン」だと日本語で学べますが、それ以外の場合は英語で直感的に学ぶことが主流です。

英語をどう扱うのか?

プログラミング学習を通じて英語にも触れられるので、メリット大です。英語を学ぶだけだと得られない実体験、英語を使う体験を授業以外で得られます。

|プログラミング的思考=論理的思考なのか?

プログラミング的思考=論理的思考と理解して、高度な数学を理解するための手助けになると考える人は多いですが、実は違います。

プログラミングそれ自体が数学力を高めるのではなく「課題」を手順に分解して、それを効率的に配置することで解決する思考形式をプログラムを書く上で学習できるので、結果的に数学にも応用が効くということです。

プログラムには、論理性は求められますが、数学性はあまり求められない。
けれど、得られた論理性を数学解決力へと応用すること自体は、可能です。

「ロボットプログラミング教室」体験授業受付中!

子ども向けプログラミング教室』体験授業受付中!

|IT起業した人たちの多くは、小さな子供の時にパソコンを買い与えられている

絶対数が少ないので、いいすぎてもしょうがないんですが、IT起業した人たちの多くが小さな子供の頃に、親からパソコンを買い与えられている事実があります。

ホリエモンしかり、落合陽一しかり。

彼らのようになる必要はなくても、早期にITに触れさせる経験は大事です。

|AIが人間の仕事を奪う!プログラミング教育が必要なのか?

参照|https://www.worksight.jp/issues/609.html
2030年|蓄積した言語知識の計算機による獲得に到達した段階で「コンピューター(機械・計算機)が自ら知識を獲得できる」ようになります。マニュアル仕事(行う処理が学べば誰でもできる業務内容)は、2030年までに機械に取って代わられる可能性が高いです。

反面・・・

人間が処理しなければならない「決断、意思決定、未来を考えた問題処理」などの仕事は、いつまでも必要になります。

 

例えば、経営や政治のような仕事。もしくは、機械が学びづらい人間本来のクリエティブな仕事です。また、セラピスト、営業のような人間に接することを主な業務にしている職業もなかなかなくなりません。

言い換えれば・・・

人由来の「新しい出来事に対して、処理をする力、想像する力」を土台にした職業、仕事は、簡単に機械に奪われることはありません。

特に理解しておきたいのは、AI(人工知能)はあくまで道具の1つ。人が当たり前にコンタクトレンズ(目をよく見えるようにする道具)を使うように、AI(人工知能)を人間が使いこなす時代に突入していきます。

「ロボットプログラミング教室」体験授業受付中!

子ども向けプログラミング教室』体験授業受付中!

|公文とプログラミング教室なら、公文がおすすめ

公文とプログラミング教室のどちらを最初に学ばせるかで悩んでいるなら、まずは公文で小学校教育で良い点数が取れるようにすることからです。教育熱心な家庭はプログラミング教室に通わせる傾向が強いですが、それらの家庭の場合は、合わせて塾、美術、茶道など様々な習い事を学ばせています。

一般的な家庭では、公文に通いながら基礎学力を高めつつ「英語と算数(数学)」をしっかりと学ばせるほうがより重要です。その上で、プログラミング教室に通わせることで、より子供の頃からアドバンテージを持つことができます。

|小学生の80%以上が習い事をし、多くの家庭がスイミングスクールに通わせている

・男の子|体を動かす系の習い事が1位
・女の子|ピアノ・音楽教室などの習い事が1位
・親目線|英語・英会話スキルを身につけてほしい

博報堂の子育て家族研究所のレポートでは、小学生の81%が習い事をしている事実を報じています。男の子には水泳を始めとした体を動かす系の習い事、女の子にはピアノ・音楽教室を最初の習い事に選んでいて、身につかせたいスキルは、潜在的に英語・英会話を学ばせたいと考えているとのことです。

週の間に、2〜3つ程度曜日を分けて学べる習い事が最大数という具合なので、お子様が飽きない、嫌にならない程度に習い事を選ばせてあげてください

・公文
・英会話
・プログラミング

の順序で選ぶと、より教育効果が高まります。

|子どもにはスクラッチ・ビスケット・プログラミンのどれが良い?

スクラッチは漢字、ローマ字が読めないと学習しづらい
ビスケットはスマホでもできるし、6歳以下のお子様でもできる
プログラミンは誰もでも可能。4歳からでも親子でできる

子どもにプログラミング学習の最初の一歩を歩ませたい時に「Scrach(スクラッチ)・Biscat(ビスケット)・プログラミン」のどれが一番良いのかで言えば、僕はプログラミンが文部科学省が作ったサイトなのでおすすめ。

*3つともパソコン・タブレットがないと使えないアプリです

|ママ友/パパ友から子どもがプログラミング教室(塾)通うことを自慢された?

国会で現首相がプログラミングは現代の読み書きそろばんと言及するほどには、素晴らしいことです。しかしながら、まだまだ加熱気味な習い事で「スポーツ、芸術関連の習い事」を優先的に習わせているご家庭が大多数。それを考えると、意外と気にすることはないかなと。

2020年から小学校教育で、プログラミングを学習するようになりますから、他の習い事と合わせて学ばせてあげるのが大事です。特に、小学校教育の場合はプログラミング的思考を学ぶだけなので、特にプログラミング言語マニアになるほど熱中してもしょうがない節があります…。

|プログラミング教室でうちの子ども(息子、娘)が学ぶとどうなるか?

プログラミング学習を通じて、自分の頭で考えて、学んでいる内容を要約・確認・新たなに展開することができるので、どんどん賢くなるメリットがあります。

目の前の問題を解けるレベルまで「分解」して、自ら解決していくように考える姿勢を身につけることが「プログラミング的思考」を学ぶ大きなメリットだと言えます。

「要は、、、こういうこと!」
「なら、、、こうすればよい!」

など、少しずつ少しずつ、お子様の自ら学んで、自ら答えを導く考え方を身につけさせるのに、プログラミング学習は最適です。

「ロボットプログラミング教室」体験授業受付中!

子ども向けプログラミング教室』体験授業受付中!

|お母さんはピアノ・バレエ・スイミングなど芸事、体を鍛える系。お父さんは運動させずに公文・プログラミングなど将来役立つものを学ばせたい傾向

僕(夫目線)だと、サッカー・野球あたりで体力を身につけてほしいですし、うちの嫁はプログラミングに熱心です。

知り合いのご家族だと、意外と・・・

お母さんはピアノ・バレエ・スイミング
お父さんは公文・プログラミング

などを学んでほしいとのことで、意外と、家族間で全然違うことを自分の息子くん、娘ちゃんに学ばせたいのだなと感じています。

個人的には・・・

公文+スポーツ系+プログラミング教室

を学んでほしいと思っていて、大前提としては体を鍛えた方が、10〜20〜30代で元気に生きられると思うんですよ。僕が元プログラマーで、今、it関連で働いている時に「小さい時から運動している奴は、やっぱ、仕事でも勉強でも強い…!」と感じているからです。

僕が、体力を鍛えない学生時代を過ごしていたので、自分の息子には無理強いしない範囲で元気に生きてほしいなと。

「ロボットプログラミング教室」体験授業受付中!

子ども向けプログラミング教室』体験授業受付中!

|小学生にプログラミング科目は増えない?算数・理科・総合の時間でプログラミング教育を行う予定です

プログラミング教育の勘違いに「プログラミング科目」が小学校で出来ると勘違いする親御さんが多いですが、間違いです。

算数・理科・総合などの時間で「プログラミングを通じたプログラミング的思考を学ぶようになる」だけとなります。

 

とはいえ、プログラミングを学ぶことには変わりはないので、注意が必要ですね。

 

2022年には高等学校の段階で「情報I」というプログラミングを学ぶ情報系科目が必修科目として学ぶ予定があるので、その点を合わせて理解しておくと良いと思います。

|プログラミング教育では、パソコン・タブレットを使って勉強する!は大間違いな勘違い?

IT機器を利用して、パソコン室などでプログラミング教育を受けたり、教室でタブレットを用意して勉強をするだけではありません。

教育用のプログラミング教材を利用してプログラミングを学ぶことはできますし、小学生低学年の算数キットのような教材でも、しっかりとプログラミングを通じた問題解決のための考えかた「プログラミング的思考」は学べます。

当然、パソコン室がしっかりとしている小学校なら、時々パソコンで文部科学省の「プログラミン」などで学習する可能性もありますね。

|【危険】子供向けプログラミング本コーナーでは理解を妨げる悪本が多いかも?

書店で子ども向けプログラミング本コーナー(小学生・中学生用)に行ったら「子供っぽく注意を引くカラフルな装飾だけど、中身は雑な本」とか「誰でもわかりやすく学べる!っぽいけど中身はめちゃくちゃ難しい本」などあって、意外とやばいなと。

悪本の定義は「本当に初心者のお子様が読んで、楽しんで、理解を深められない本」のことです。

普通に大学生が読んでも難しそうな内容だったりもするから、注意が必要ですね。

Point!

子供向けプログラミング本でプログラミング言語のダウンロードを大前提にするプログラムを書いて覚える内容だと、脱落する可能性が高いです。

そもそも、小学校ではプログラミング的志向を学ぶのであって、プログラミングを学ぶわけではありませんよ!

|子供がプログラミングに夢中になると、保護者も興味を持てる♬

知り合いのプログラマーが土日に身内だけのプログラミング教室を開いているんですが、そこで「お子さんがめちゃくちゃ夢中にプログラミングしている姿を見ると、親サイドも興味を持てる事例」があります。

アルゴリズム1つ取っても、課題解決のための処理系の1つを学ぶわけですから、お子様と一緒に学べると楽しいわけです。その点から、意外とお子様が少しでもプログラミングに興味を持っているならやらせてあげると、親サイドの重い腰も上がりやすいかなと…!

|文部科学省が作った子供用(幼稚園児・小学生・児童)のプログラミング学習サイト「プログラミン」は一番最初の教材に適している

http://www.mext.go.jp/programin/

こちらで、ぜひ体験してみてください!

|孫、ひ孫に贈り物がしたいシニア世代(おじいちゃん・おばあちゃん)はプログラミングが学べるおもちゃを送ろう

2020年から小学校でプログラミング教育が始まり、2022年には高校で「情報I」のプログラミング科目が導入され、2026年には大学入試にもプログラミング科目は使われます。

つまり、大好きな可愛いお孫さん、ひ孫さんにプログラミングアイテム(教材)を送ってあげてはどうでしょうか?

例えば「プログラミング 知育おもちゃ」と検索するだけでたくさん見つかるので、好きなものをえらんであげてください

2.子供にプログラミングを体験させたいなら子供プログラミング教室にいこう!

2020年から小学校で英語とプログラミングが必修科目」になるんですが、小学生、中学生、高校生向けのプログラミング体験会(イベント)が少しずつ地方、都心で活発になっている反面、まだまだプログラミングを親子で楽しむためのプログラミング教室は少ない傾向です。

子供向けのプログラミング教育を行う教室は、意外と少ない…。

うちの息子にScratch jr(スクラッチジュニア)で遊ばせてるだけだと微妙かな?と思ってググった時に感じたことです。

文部科学省のプログラミンもやらせているんですが、もう少し色々なことを体験させたいな!と感じて、プログラミング教室を選びました。

ちょっと怖い?小学校のプログラミング教育

正直、プログラミングの素人である先生方にプログラミングを教師としてうちの息子に学ばせるだけだと、ちょっと怖いと感じています。走ったことない人に陸上を教わるような感じで・・・

否定しているわけではないですが、塾に行く感覚でプログラミング教室に通わせても良いと考えています。

あと、うちの息子が行きたい!!というので、親目線としても嬉しくなり通わせようと考えています。

オンラインだとリビングで一緒に勉強できますし、教室にいけば同年代の友達も遊びながら作れてうちの息子も嬉しいでしょうし、本当に迷っています…。

2020年から小学生はスタート。高校生は2022年スタートという感じで、プログラミング教育は当たり前になります。

ヒューマンアカデミーだから、安全に学べそうだし、うちの息子も乗り気なので、ちょっと体験させてみます。

おすすめの子供向けプログラミング教室はこちら

3.ヒューマンアカデミーの子どもプログラミング教室の詳細について

全国200教室で「子ども向けプログラミング教室の体験授業」を実地しているので、どうしようか悩んでいる人はまずはお子様と参加してみてください。

5歳以上のお子様は、ロボホンやキロボを作った話題のロボットクリエイター「高橋智隆先生」が教材監修のロボットプログラミング教室がおすすめです。

「ロボットプログラミング教室」体験授業受付中!


小学3年生以上のお子様は子供プログラミング教室でプログラムを書きながら小学校教育に合わせて学習可能です。

『子ども向けプログラミング教室』体験授業受付中!