機械学習エンジニアに就職、転職する方法|エンジニア/プログラマーが機械学習エンジニア未経験から働き出す知識と準備についてお伝えします

機械学習エンジニアへ就職、転職する方法をお伝え致します。

機械学習エンジニアに就職、転職する方法


機械学習エンジニアへ就職、転職する方法として考えられるのは・・・

  • AI(人工知能)業界へ就職・転職活動を行い、AIエンジニア・機械学習エンジニアになる
  • Aidemy(アイデミー)などAI(人工知能)エンジニア・機械学習エンジニアを受講し、企業紹介をしてもらう

と言った方法が考えられます。

以前AidemyCEOの石川さんにインタビューしたところによれば「日本にはエンジニアが100万人(労働人口の2%)しかおらず、機械学習エンジニアはさらに少ない存在となる」と言及されており、エンジニアが機械学習スキルをadd onして市場価値の高い技術者として働く可能性は極めて価値が高いと考えられます。

 

自らAIエンジニア・機械学習エンジニアになる OR スクールを経由して就職、転職する

 

どちらの方法を取っても「エンジニア + 機械学習スキル = 機械学習エンジニア」として転職、就職活動自体は可能です。

どの企業も機械学習スキルを保持しているエンジニアは少なく、今後2020年〜2025年までにAI(人工知能)を用いた機械学習ができるデータサイエンス領域に強みを持った人材は、より求められる傾向になるでしょう。

Aidemyプレミアムプランを受講されたエンジニアの方には、日本を代表するIT企業への就職、転職支援を行なっています。

高給取りのエンジニアとして誰もが知っている名前の大企業への就職、転職支援が可能なレベルでのスキルを学習できるのでキャリア形成を考えているエンジニアはぜひAidemyを利用してみてください。

例えば、いまは「機械学習の実装もできるフロントエンドエンジニア/インフラエンジニア」なども求められており、学位よりむしろ幅広い実装経験のほうが重視されるケースが多い傾向にあります。


非公開: 【徹底取材】機械学習エンジニアをAidemy(アイデミー)で目指せ!AI(人工知能)業界で働き出すための方法・考え・疑問に答えるために現役機械学習エンジニアのAidemyCEO石川さんに聞いてみた…!!!

詳細 => 【徹底取材】機械学習エンジニアをAidemy(アイデミー)で目指せ!AI(人工知能)業界で働き出すための方法・考え・疑問に答えるために現役機械学習エンジニアのAidemyCEO石川さんに聞いてみた…!!!

機械学習エンジニアの資格とは?

参考

AI(人工知能)就職するための資格とは?ディープラーニング協会資格を取得してAI業界を目指せプログラマーエンジン

機械学習エンジニアの資格は、現状だとディープラーニング協会の資格しかありません。

ただし、資格は資格でしかないので自らプロダクトを作る、もしくはスクールで学ぶなどした方が手っ取り早いです。

エンジニアのスキルは求められていますが、資格それ自体はあまり価値を要さない傾向にあり、現状で機械学習エンジニアで企業から取得を求められているなら取得すると良いかもしれません。

機械学習エンジニアのスキルとは?

機械学習エンジニアへ転職する際に忘れてはいけない点は「機械学習エンジニアのスキル」に関してです。

AI(人工知能)を扱う上で「Pythonと機械学習」の「知識とスキル」は欠かせません。特に、以下の2つのスキルが重要となります。

①データを化学するスキル

仮説を立て、実際に人工知能の学習モデルを作り、評価するなどの試行錯誤を通して「商用に耐えられる精度の高い人工知能学習モデル」を作るスキル

②データを操作するスキル

機械学習(深層学習含む)を行うためにデータを加工・前処理・フォーマッティング・データクレンジングするスキル

人工知能・機械学習はデータサイエンスの一つなので、企業はデータサイエンスの基礎から入り、その後、機械学習を学ばせて、AI(人工知能)エンジニアに育てる流れが一般的です。

参照|AIエンジニアになる方法

機械学習エンジニアが保持する機械学習スキルとは「AI(人工知能)を用いてデータを解析し、必要となる事実を新たに発見するデータサイエンススキル」です。

エンジニアと聞くと「ものづくりをする技術者」であるように感じるかもしれませんが、機械学習エンジニアは「AI(人工知能)を通じて対象となるデータを学習するモデルを作成し、精度の高い人工知能学習モデルを作ること」が仕事になります。

そのためには、データの前処理・データの加工などAI(人工知能)に与える情報(学習内容)を準備し、与える能力も必要ですし、当然、AI(人工知能)を扱うための機械学習ツール(scikit-learn・TensorFlow)などを習熟しておく必要もあります。

ものづくりのためのエンジニアリング => データ解析のエンジニアリングへ

機械学習エンジニアがAI(人工知能)を用いたデータ解析・モデル作成が主な仕事になったといえど、根底にあるのはエンジニア(技術者)としての開発力や経験値です。

確かにデータ解析を行うデータサイエンススキルを身につけた技術者が機械学習エンジニアですが、ものづくりをしてきたエンジニアさんたちが新たなキャリアを考える上での一つのルートとして捉えると良いと思います。

機械学習エンジニアの平均年収、今後の見通しなど

求人検索エンジン「スタンバイのプログラミング言語別 平均年収ランキング2017」のPythonエンジニアと同程度の年収比率になるとAidemyCEOの石川さんにインタビューしました。

参照|https://jp.stanby.com/media/programming_ranking2017/

なので、上記画像のPythonと同じくらいの600万程度となる見込みです。

大企業・IT企業・Web系企業など多くの企業が「機械学習スキルを用いた自社サービスの進化」を求めている点からも様々な企業に求められるエンジニアになるなら機械学習スキルを獲得する方が良いでしょう。

株式会社ダイキンでは2020年までに700人の機械学習エンジニアを自社育成しており大企業を中心に機械学習ができる技術者を少しずつ求めている傾向にあります。求人動向からもPHP・Javaは依然として求人数が多いですが、機械学習エンジニアの求人需要も増加傾向にあるので狙うべき職種です。

 

また、上記の図の場合はあくまでPython技術者に対する平均年収です。

 

機会があればとして機械学習スキルの習熟度に応じて年収レンジ(1000万〜1500万程度)までどんどんという認識をして良いと考えます(AidemyCEO石川さんに確認済み)

機械学習スキルが求められ始めたのがここ5年の動きなので、30代で機械学習スキルを保持しているエンジニアの数は少なく、20代からキャリアを高めるためにAI(人工知能)に機械学習する上で基本となるPythonを学びながら、機械学習スキルを高める動きを考えればより年収比率を高めることも可能です。

株式会社AIUEOでは深層学習エンジニアが1500万/年収

清水亮さんの会社AIUEOでは深層学習エンジニアが1500万程度のレンジで募集されています。

機械学習スキルの範囲に深層学習は存在するので、機械学習エンジニアを目指しつつ、深層学習にも理解のある技術者になれば海外並の給与を狙えるレベルにまで到達する可能性は大きいですね。

機械学習エンジニアに数学が必要な理由

AidemyCEOの石川さんにインタビューしたところ・・・

Aidemyでは数学不要に近い表現をしているが、数学がわからなくても機械学習自体はできる。大学初級レベルの数学力があった方が良い。

興味深い例として、自動車の運転はできるが、なぜ自動車が動くのかはわからないけど運転できる。そんな感覚と機械学習は似ているとのこと。

機械学習の実装から入り、手を動かしその後、疑問を学習していった方が良いでしょう。

参照|https://programmer-engine.work/archives/16962

と言った具合で「まずは手を動かしAI、機械学習がどんなものかを動かしてみる」その後に「なぜ動くのかを考えることでより深いレベルまで理解することができる」と言及していました。

参照|http://diamond.jp/articles/-/153933

数学のレベルでいえば「線形代数・微積分・確率・統計」といった領域の数学を理解している必要があり、その点から大学初級レベルの数学力を身につけておく必要があります。

前提としてAI(人工知能)を機械学習するためのアルゴリズムは数式をコードに書き換えたものなので、数式を読めなくてはコードの裏側にある処理を理解できないという負の側面があります。

 

自動車免許があれば自動車は運転できる => 機械学習スキルがあればひとまず機械学習できる

免許があっても自動車の仕組みは理解していない => 機械学習できるけど、機械学習の仕組みを理解していない

と言った違いです。

まずは機械学習がどんなものか知った上で、必要な知識を覚えていくパターンがより早く機械学習スキルを獲得する上で良いでしょう。

機械学習エンジニアになる2つの方法

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170919064349j:plain

機械学習エンジニアになる方法はシンプルに2つです。

IT業界に強い転職エージェントからAI業界を目指す|転職 x 支援

Aidemy(アイデミー)などで学習し就職、転職支援をしてもらう|学習 x 支援

ここでは、転職エージェントを通じて機械学習エンジニアを未経験から目指す方法とAidmeyで学習し、転職支援してもらう方法をお伝えします。

キャリアアドバイザーに良いAI企業を見つけてもらう。

f:id:Change-before-you-have-to:20171126151028j:plain

エンジニアから機械学習エンジニアへ転職するなら「OJT・研修のしっかりとしたAI開発をした企業でAI開発の経験を積んで、成長する道」がおすすめです。

Aidemyという手段もありますが「20万円程度支払う有料のスクール」なので、未経験からAI業界でいちから勉強するのは少し不安なら通うべきしょう。

中堅どころのエンジニアとして「次のキャリアを考えつつ、新たにステップアップしたい」「新しい技術を学びたい。触りたい」「もう、うちの会社じゃ学ぶことがない・・・。」と強く感じているなら、十分挑戦できる市場があります。

特に急に転職となると焦ってしまうので、事前に転職エージェントに希望条件を伝えておいて、希望のポストが出てきたら連絡を貰うというスタンスを取るのが良いと思います。

そして、信頼できるエージェントと緩く繋がっておくと、何かあったらすぐに相談できるようになるため、精神衛生上良い効果を発揮します。

 

オプション(幅広い選択肢)を持っておくと安心感が生まれますので、おすすめです。

機械学習エンジニアの転職サイト選びのコツ

転職サイト選びは大事です。どの転職サイトを選ぶか、によって、出会う企業は変わりますし、年収や転職成功率も違います。

本格的に転職することを決めたときには、複数の転職サイトを活用して比較する方がいいですが、転職しようか検討中の段階であれば、まずは自分にあった転職サイトを1つ選び、その転職サイトを中心に求人情報を見ることをおすすめします。

おすすめの転職サイトランキングを参考に自分にあった転職サイトを選んでくださいね。

第1位 エンジニアのAI業界転職満足度・転職成功率No.1 :レバテックキャリア

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119020516p:plain

レバテックキャリアの評価
おすすめ度
(5.0)
求人数
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
年収アップ率
(4.5)
転職サポート
(5.0)
レバテックキャリア」 では業界最大手のAIエンジニア(人工知能エンジニア・機械学習エンジニア・深層学習エンジニア)の求人があり、非公開求人を含めて需要が高まるAI業界を目指す上で良い方向を目指せます。

2020年〜2025年に向けてエンジニアにとってAI関連技術の理解を深めることは必須であり、GoogleがCloud Auto MLを無料で企業が利用できるようになったことからもAI(人工知能)業界を目指す方向は今から考えた方が賢明です。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119021529p:plain

エンジニア/プログラマーに特化した専門求人・IT業界に精通したプロのキャリアアドバイザーがあなたにとって納得できる仕事・企業と出会えるための手厚いサービスをしてくれます。

レバテックキャリアは、IT・Web系エンジニア・クリエイター専門の転職エージェントです。 スキルと経験の市場価値を知り尽くしたエージェントが、「強みを活かした転職」を提案してくれます。

機械学習エンジニアとしてAI業界を目指すならレバテックキャリアは必ず登録しておくエンジニア専門の転職エージェントです。

レバテックキャリアはエンジニア専門の転職エージェントなので、非エンジニアの場合はパソナキャリアを利用することをおすすめします。

第2位 機械学習エンジニアの未経験からのAI学習&転職支援No.1:Aidemy

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115212806p:plain

Aidemyの評価
おすすめ度
(5.0)
求人数
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
年収アップ率
(4.5)
転職サポート
(4.5)
AidemyプレミアムプランではAIエンジニア・機械学習エンジニアへ未経験から転職するための技術力を身につけられます。

AidemyCEO石川さんにインタビューしたところ・・・

Aidemyプレミアムプランを受講された方をWeb系企業を絞って10企業程度(日本を代表する企業)へ転職、就職支援している。

特に大企業といった領域でも求められるエンジニアとしてのスキルセットを持った人材育成に対して強みを持っているのがAidemyです。

コンプラ的に企業名は出せませんが、いわゆるみんなが知っているIT系大企業を想像していただければ…。

とのことなので機械学習エンジニアとしてキャリアアップしたいなら、良い選択です。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115221047p:plain

学習内容も豊富で、やる気のあるエンジニアに向けて常に最新のコンテンツをていきょうしてくれているので、機械学習エンジニアへきっちりと学習してから挑みたいならAidemyをぜひ利用してみてください。

第3位 未経験のAI転職満足度・転職成功率No.1 : パソナキャリア

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823132220p:plain

パソナキャリアの評価
おすすめ度
(5.0)
求人数
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
年収アップ率
(4.5)
転職サポート
(4.5)

パソナキャリア」では、AI人材の転職成功率も高く、また良いIT企業、AIベンチャーへの推薦も合わせて行ってくれるので、AI関連職種への転職にはおすすめです。

ブラックIT企業に関する情報まで網羅的に調査をしているので、転職者にとっても重要な情報を持つエージェントが数多く在籍しています。

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また親切な対応も高く評価されており、人工知能で今の年収を上げたい方は、まずは情報収集目的で無料会員登録をおすすめします。

 

転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)関連職種への挑戦をして下さい。

また、パソナキャリアでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特に最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

AI関連職種への進路をどうしようか悩んでいるかたにおすすめの転職サイトです。

機械学習エンジニア転職、就職するための方法まとめ


非公開: 【徹底取材】機械学習エンジニアをAidemy(アイデミー)で目指せ!AI(人工知能)業界で働き出すための方法・考え・疑問に答えるために現役機械学習エンジニアのAidemyCEO石川さんに聞いてみた…!!!

機械学習エンジニアを目指すためにAidemyが良い方法なので、インタビューしました。

機械学習エンジニアの機械学習スキルを身につける上でどうしたらよいのか?AI(人工知能)業界をどう攻めるべきかを具体的に現役機械学習エンジニアの石川さん(AidemyCEO)に質問しているので、ご覧ください。


機械学習エンジニア以外の「人(非技術者)」が機械学習を学び「AI(人工知能)活用できる企業」にする理由

機械学習エンジニアと非技術者の関係性に関して言及しました。

機械学習を用いてデータをうまく活用する企業以外に、シンプルに機械学習を導入したい企業はカタリスト(コミュニケーションのハブになる人)が重要になる点などを書いています。ご覧ください。