【TECH BOOST徹底取材】Rubyプログラマー/エンジニアへ未経験就職/転職|エンジニアとしてIT業界で働き出したい。起業家になりたいなら必見!口コミ評判メリットも

TECHBOOST(テックブースト)の山口さんにインタビューをしてきました。

楽しかった!!!

山口さんめちゃ良い人で笑顔の絶えないすごい人!だったので、TECHBOOSTに興味があるなら一度は会うべきです。

無料カウンセリングの時に会えるので、ほんとおすすめですよ。

目次

【徹底取材】TECHBOOSTって使うべき?使わないべき?

TECHBOOSTを使う人の傾向は、3つに分類できます。

  1. 未経験からエンジニアへ就職、転職する
  2. エンジニアからWeb系エンジニアへ就職、転職する
  3. 起業するためのプロトタイプを作る

もし、あなたがどれかのタイプならTechBoostを利用するのがおすすめです。

特にTECHBOOSTではRuby・Ruby on Railsを通じて「プロダクトを作りながら学ぶ」ことを重視しています。

また、現状のプログラマー・エンジニアの市場では「相対的にRubyを書ける人が少ない傾向にある」ので、今後、市場や企業に求められるエンジニアでありたいなら、Ruby&Ruby on Railsを学び始めるところからが良いですね。




1.TECHBOOSTの主な就職先ってどこなの?

TECHBOOSTは株式会社BrandingEngineerが運営しているサービスです。

都内のIT企業との関係性も深くWeb系企業との親和性も高いので「SES系派遣の仕事ではなくWeb系企業 x 自主開発系サービスへの就職、転職をゴールにするケースが多い」とのこと。

(企業名はコンプライアンスの関係からいえませんが、東京都内を中心に上場企業や中堅企業、ベンチャー、スタートアップまで幅広く紹介してくれます。

 

IT系の企業で働くのは簡単です。場所を選ばなければ

 

しかし、IT企業へ就職するためのサービスを利用する上で重要なのは「どこで働くか?どうやって働くか?」です。

正直な話をすれば、初めてIT未経験から就活したのが渋谷で、もろブラックSESエンジニア派遣の企業でした。

どことはいいませんけど・・・汗。

TECHBOOSTではSES系ではなく、自主開発している技術力のあるIT企業で働き出すための準備ができるので、それだけでおすすめできます。当然、SES系で働きたいならそのキャリアに向かってゴールを設定してくれますから、SES系のエンジニアになりたい人でも受講はできますよ。

プログラミングを学ぶのに、MacBookで大丈夫?

プログラミングスクールに通い、本格的にプログラミングを習得するつもりならWindowsではなくMacで開発することおすすめします。

TECHBOOSTでは無料でMac(マックブック)の無料貸し出しも行っているので、PCを持っていない人でも安心してください。

2.TECHBOOSTからエンジニア就職、転職した時の年収比率は?

こちらが・・・

  1. 新卒 => 25〜40万
  2. 中途(転職)=>25 + 他の社会人経験があれば+30〜35万
  3. フリーランスになるには最低1年程度の業務経験 => 月額30万
  4. 2〜3年できっちりと経験をしたエンジニアなら50〜70万 / エキスパートレベルだと月100万

といった具合だそうです。

TECHBOOSTを受講する場合、月10万円程度のお金が必要になりますから「就職したあとにどれだけ稼げるのか?」を知っておけるのはかなり重要ですよね。

僕が感じていたのは「お金を払うからこそ良い企業でエンジニアとして働き出したい人」や「起業家として真剣にプロダクトローンチを考える人」がTECHBOOSTを利用すべきということです。

下手に求人サイトで未経験から働き出せるブラックSES企業でエンジニアをするくらいなら、TECHBOOSTでエンジニアキャリアのスタートラインを作り出した方が懸命です。

3.TECHBOOSTって年齢制限あるの?30代だと難しい?

大丈夫です。年齢制限はありません。

フリーターで未経験の方でもIT企業へ就職、転職は可能です。

理由としては「最低限技術のある人」なら、企業としても必要とする傾向が強いからです。反面、なにもできないと30代はかなり辛い・・・というか就職してもうまくいかない可能性が高いですね。

4.起業したいからTECHBOOSTを使うのってあり?OK?

驚きなんですが、TECHBOOSTは起業家志望の方がVC(ベンチャーキャピタル)にプロトタイプを見せるための開発の場として利用されることが多いとのこと。

起業家っているんだ・・・?!ということをはてな顔で聞いていましたが、全体受講者の30%程度は起業家の方だそうです。

確かに・・・

TECHBOOSTでは起業家の方もいました。

僕の発想からほぼありえない。というか普通にできないこともTECHBOOSTを通じてできてしまうんですね・・・。

と、少し時代の進化っぷりに寂しくなりました汗。

5.TECHBOOSTでフリーランスエンジニアを目指すのはあり?なし?

ありです。

例えば、ネットワークエンジニア・システムエンジニアから「Web系のフリーランスエンジニア」として働き出してみたい人がなどはおすすめですね。元々のエンジニアの経験があるので「単価もそれなりに高くなる」でしょうから、今後「フリーランスとして自由な生き方をしたい」ならぜひ利用してみてください。




TECHBOOSTを選ぶ理由って?ほかでよくない・・・?

いや、全然違うんですよ!!

インタビュー時に山口さんにも確認したので、がっつり書きますね。

質問

僕の質問

なぜTECHBOOSTで学ぶのか?

 

そのほかの無料プログラミングスクール・有料プログラミングスクールと何が違うのか?

 

GEEKJOB・ProEnginner・LIKEIT・CodeCamp・WebCamp・Aidemyなど様々プログラミングスクールがある中、TECHBOOSTを選ぶ意味はどこにあるのか?

答え

山口さんの答え

TECHBOOSTは受講生のキャリアに合わせたオーダーメイドしたサポートをするためのスクール。

 

山口さんの今後の戦略としては「単なるスクールにしたくない」とのこと。

 

2019年に、1000名以上のエンジニア+100名の起業家を排出することで卒業したら終わりではなく、今後のキャリアも含めたエンジニアとしての生き方をフルサポートするエコシステム(村的な)を作り出したい。と考えている。

これインタビューで聞いた時に驚きまして、すごいなーと。これ聞いたらもう押すしかないじゃないですか。

既存のプログラミングスクールと株式会社BrandingEngineerの運営するTECHBOOSTが根本的に違うのは「学んで卒業したらはい。おわり。」という関係性ではなく「就職・転職・独立」といったエンジニアのキャリアライフの全てのステージで応援することなんです。

 

エンジニアのキャリアをフルサポートする場所。

 

それが、TECHBOOSTですね。

TECHBOOSTの基本情報

TECHBOOSTの基本情報を見ていきます。

運営会社|Branding Enginnger株式会社

TECHBOOSTのプログラミングスクールは、エンジニアがCTOを務める

代表

代表取締役CEO 河端 保志

TECHBOOSTの行き方|渋谷のサイバーエージェントの隣

TECHBOOSTに行くには・・・渋谷駅のハチ公前のスタバの通りをまっすぐ歩き続けるのが一番早いです。

神泉駅から行く手もありますが、正直、歩いた方が良いですね。安いし。

渋谷のスタバの通りって途中でユニクロあるじゃないですか、あと映画館とか。その大通りをまっすぐ行くだけなので、ハチ公前スタートがおすすめです。

てかですね。あの、TECHBOOSTの隣ってサイバーエージェントなんですよ。あのサイバー。間違えて入りそうになりましたけど、ファミマの隣じゃないですからね。

TECHBOOSTの受講者はどんな人?

 

異業種の方や起業したい方がTECHBOOSTを受講しています。

TECH BOOSTの口コミ・評判

TECHBOOSTにインタビューに行った僕の口コミとしては、正直ありだなと。

月10万 x 3ヶ月で未経験からWeb系IT企業へエンジニアとして行けて「月25+@」くらいはもらえるので、良いと感じました。

  1. 新卒 => 25〜40万
  2. 中途(転職)=>25 + 他の社会人経験があれば+30〜35万
  3. フリーランスになるには最低1年程度の業務経験 => 月額30万
  4. 2〜3年できっちりと経験をしたエンジニアなら50〜70万 / エキスパートレベルだと月100万

上記イメージだとTECHBOOSTでインタビューしたので、ぜひ活用してください。

それ以外の口コミ・評判はまだ調査中です。




TECH BOOSTのメリット / デメリット

TECHBOOSTのメリット・デメリットをお伝えします。

TECHBOOSTのメリット

1. 起業家にとってのスタートラインになれるTECHBOOST

TECHBOOSTは起業家がスタートラインに立つための場所としてオススメです。ITベンチャー関連の繋がりがBranding Enginner社にはありますし、メンターの山口さんも起業家出身です。もし、現状起業したいと考えているならTECHBOOSTでプロトタイプを作成してVCにプレゼンするのに最適です。

2. エンジニア出身の代表が作り上げたキャリアプラン

TECH BOOSTの代表二人は元エンジニアで、0からエンジニアを目指すためのキャリア形成を熟知しています。そのためのカリキュラムを用意してくれているので、もし、エンジニア・Web系エンジニアを目指すならTECHBOOSTです。Java系エンジニアからWeb系に移行するために受講している人もいますよ。

3. AI・IoT・ブロックチェーンをイノベーティブタームで学べる

TECHBOOSTではブロックチェーン・AI(人工知能)・IoT(モノのインターネット化)に関する領域を2週間で学べます。IoT関連だとArudinoを作ったロボットをいじれるので、今後の市場に参入するために良いですよね。AI関連でも自然言語処理・機械学習をガチガチ学べますから、かなりおすすめです。

4. 最短でWeb系エンジニアになれるのがTECH BOOST

TECHBOOSTは「自主開発系 x Web系企業」へエンジニアとして未経験から就職、転職するためのプログラミングスクールです。エンジニアのキャリアを独立(フリーランス)・起業などまでフルサポートしてくれるのでおすすめですよ。

5. サービス開発をメンターと二人三脚

プログラミングの基礎は、プログラムを書きまくってプロダクトを作るところまでで最初のゴールです。サービス開発にいくまでガッチリと学習できるので、Ruby・Ruby on Rails関連を攻め切ってWeb系のIT企業へ行きたいならサービス開発能力をTECHBOOSTで獲得しましょう。

TECHBOOSTのデメリット

TECHBOOSTのデメリットがあるとしたら・・・

  1. Web系のIT企業へ行くのに最適だが、そうでない場合は難しいかもしれない
  2. SES系でホワイトな企業へ行くには、結構大変かもしれない

TECHBOOSTにはインタビューに行ったので、結構贔屓目になりがちですが、正直に言えば・・・

 

個人として本気で学んで、自分の力で学習しきるだけの熱意と行動力がない。

 

これがないと無理ですね。

1から10までなんでも教えてくれて、気づいたらプログラミングができるようになっているなんて考えているような正直微妙です。そういった意識の場合はやめたほうが身のためです。

 

デメリットは「個人の学習量をブーストさせる場所」であって「0から10まで受け身で良いわけではない」ということです。




TECHBOOST関連記事

TECHBOOSTに関する関連記事をご紹介しています。

1. TECHBOOSTは起業をするには最適な場所な理由


起業したいならTECHBOOST(テックブースト)だ! |プロトタイプをTECHBOOSTで開発してVC(ベンチャーキャピタル)にプレゼンしよう。
詳細 => 起業したいならTECHBOOSTな理由

2.ブロックチェーン・AI・IoTを学ぶならTECHBOOST


ブロックチェーンやAI(人工知能)をTECHBOOSTで学べ!|TECHBOOST(テックブースト)でWeb業界就職・転職・フリーランスを目指そう
詳細 => ブロックチェーン・AI・IoTを学ぶならTECHBOOST

3. Rubyのプログラミングを学べるプログラミングスクールはどこ?


Rubyでのプログラミングを習得したい!|Ruby・Ruby on Railsを学べて、仕事としてプログラミングができるレベルのプログラミングスクールを教えて欲しい

詳細 => プログラミングスクールならTECHBOOST

4.Rubyのポリモーフィズムから考えるプログラミングスクールの重要性


Rubyのポリモーフィズム(多様性)から学ぶプログラミングスクールの使い方|一人(初心者)で学ぶのではなくRubyエンジニアと学ぶことの重要性を伝えますね
詳細 => rubyのポリモーフィズムから考えるプログラミングスクールの重要性