大学生のIT企業就職活動の方法!|在学中に新卒カードでIT企業へプログラマー・エンジニアとして正社員内定するまでの体験談

Uncategorized

大学生がIT企業へ正社員内定するため方法を中心にお伝えします。

大学在学中に新卒カードを使って内定を勝ち取りたいなら、ぜひ読んでください。

大学生がIT企業でプログラマー・エンジニアを目指す方法

大学在学中からIT企業で「プログラマー・エンジニア」を目指す方法は「就職へ直結した技術・経験を教えてくれるプログラミングスクール」に通うことです。

むやみやたらに「IT企業へ就活をする」のではなく、自ら在学中に技術力を身につけてよりホワイトで成長が実感できるIT企業を目指しましょう。

これは、僕の友人が体験した方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

就職直結のプログラミングスクールで学ぶ

GeekJob・TechBoost・Aidemy・WebCampなど様々な有料のプログラミングスクールが「大学生向けに学割を用意」して、在学中にIT企業へ就職するための準備をしてくれています。

就活で当てずっぽうに企業へ面接を受けいき「時間とお金」を無駄にするくらいなら、先にプログラミングスクールで学び、より技術力をつけた状態で就活した方が賢いです。

 

就活で失敗をしたくない。

 

そう感じているなら、一度就職直結のプログラミングスクールの無料体験会を利用してみてください。

TECH BOOST(プログラミングスクール)でIT企業就活する理由

プログラミングスクールでIT企業就活をするメリットは「現役のエンジニアに直接学べる学習環境を得られる点」です。

大学入学のために予備校に通うのと同じようにプログラミングスクールへ通う時代ですね。

実際、僕の友人も「Tech Boost(テックブースト)」というRailsエンジニアを養成するプログラミングスクールに通ったあとに、就職先のIT企業でアルバイトしながら春の内定式まで経験を積んでいます。

 

Tech Boost(テックブースト)を選んだ理由としては「新卒からIT企業へ就職するための手厚いサービス」が多いからです。

Tech Boostの親会社Branding Enginnerは「IT企業就活のための新卒向けサービス”イッカツ”」を運営しています。

そこでは、IT企業就職のためのアドバイザーがたくさんいて、どうやってIT企業へ就職しようか?という悩み・不安に答えてくれます。

そのため、Tech Boostで学んでイッカツで就活成功までを想像できて、安心して有料のプログラミングスクールで学べたと言っていました。

 

実際、就活で成功するための準備はたくさんあります。

  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 面接対策
  • 良いIT企業を見つけて、応募する
  • 内定を得られるだけの準備を行う

これらの一見大変そうな準備を、Tech Boostで学びイッカツでアドバイザーに頼れば「自分で就活するよりも断然ラクにできる」んです。

 

もし、本気でIT企業へ就職したいと考えているなら、一度「Tech Boostの現役エンジニアによる無料カウンセリング」を受けてみることをおすすめします。

TECH BOOSTのメリット

1. エンジニア出身の代表が作り上げたキャリアプランと学習内容

TECH BOOSTの代表二人は元エンジニアで、0からエンジニアを目指すためのキャリア形成を熟知しています。もし、今からエンジニアを目指しているならTECH BOOSTです。

2. AI(人工知能)/ブロックチェーン/IoTと最新技術も学べる

AIエンジニア・ブロックチェーンエンジニアを目指しているけれど、エンジニア未経験だからどうしよう?そう考えているならTECHBOOSTからエンジニアに就職して、その後転職をしてみてはどうでしょうか?

Aidemyの場合は、ガチでAIエンジニアなるための就職支援をしてくれますが、TECHBOOSTの場合はまずはエンジニアからスタート!というイメージです。

3. 最短でエンジニアを目指すならTECH BOOST

Webサービスを開発するための基礎を叩き込みながら、最終的にはInstagramのような画像投稿アプリケーションを作り上げるまでがゴールです。

HTML・CSS・JavaScript・Ruby・Github…etcとエンジニアならば最低限知っておかなければならない技術をギュッと学習できます。

4. サービス開発をメンターと2人3脚で実践!

プログラミングの基礎を学んだとしても「実際に手を動かしてプログラムを書いて、頭で汗を書かなければエンジニアにはなれません。

その点、TECH BOOSTでは実際にデータベース処理も含めたWebアプリケーション開発が可能なので、Webプログラマーの土台も手に入れられます。

何かを作ったことがある!

この経験は何者にも変えがたいんです。

5. トレンドのAI(人工知能)技術・ブロックチェーン技術も学べる!

AI(人工知能)関連技術を学べるのは、AidemyとTECHBOOSTの二つだけです。

AIエンジニアの今後の需要はますます増えてきていて「ダイキン株式会社」も2020年までに700人のAIエンジニアを自社で養成する計画を実行しています。

つまり、今AI(人工知能)技術を学んでおくと今後のキャリアがますます広がります。