GEEK JOB1日体験(GEEK JOB転職/就職コース)に参加!|GEEK JOBの評判・口コミ・感想や受講する時のメリット・デメリットを紹介

「GEEK JOBはこの入り口から奥のエレベーターにのります。ちょっと怖いですが入ってしまえばOK!」

GEEK JOBの九段下キャンプで金曜日に行われる「GEEK JOB転職/就職コースの1日体験会」に昨日参加してきました。

無料、有料のプログラミングスクールがたくさんある中で「GEEK JOB」がどんな場所なのか?

本当にプログラマー未経験からIT企業に就職できるのか?

そこらへんを本音で書いていきます。

全くのPC初心者からでもIT企業へ就職、転職したい20代

プログラマー・エンジニアとしてのキャリアを歩みたい人

プログラミングの勉強をしたいが、どうしてよいかわからない人

 

ブラックIT企業に社畜として使い倒されない「大手IT企業・ホワイトIT企業」で働きたいならGEEK JOB(ギークジョブ)がおすすめです。

f:id:AI-Intelligence:20180219141858p:plain

Cyber Agent 

Silicon Studio

CROOZ

DMM.com Labo

IMJ GROUP

 

大手、中小を中心としたIT企業へ就職、転職するための場所をGEEKJOB(ギークジョブ)は用意してくれています。

未経験からIT企業へ就職したいならGEEKJOGの社会人転職コース体験会を受けてみてはいかがでしょうか?

Geekjobの詳細を見る
 

Geekjob公式サイトへ行く
 

GEEKJOB公式サイトはこちら=>

1. GEEK JOBとは?|何もできないところから「IT企業就職」できるプログラミングスクール

GEEK JOBは「プログラマー、エンジニアになるための準備をしながら、社会人スキル、転職スキルを学ぶ就職支援+技術支援を受けられる就労支援キャンプ」です。

IT企業へ就職をするための「社会人スキルを土台にプログラマー、エンジニアの未経験人材として働ける最低限のスキルを1日7時間、週5日以上詰め込んでいくこと」で、一気に就職、転職へと突き進みます。

とはいえ、全体的なイメージとしては「誰よりも早く就職するんだ!という意思のもとに、就職に向かって行動する20歳〜29歳までの方」が多く、全体のカリキュラムも50%以上は就職するための面接対策などに当てられます。

(なので、ずーっとプログラミングの勉強する!という訳ではないですね。

 

また、必ず理解しておいてほしいことがあります。

 

それは、IT企業が求める未経験人材は「プロジェクトの開発現場で活躍できるレベルの人」を求めている訳ではありません。

 

初心者からしっかりとプログラミングの勉強を続けることができるのか?

就職先のIT企業の同僚、上司と長期、かつ一緒に働くことができるのか?

社会人スキルを土台にプログラマーとしての基礎、基本を身につけているのか?

IT企業の多くは、社会人スキルがあるのか?を最初に考え、その後に今後プログラマーとしての適性、成長度合い、プログラマーへの意欲があるのかを見ています。

IT企業が未経験の方に最初に注目するのは技術ではなく、人柄や社会人スキルなんですね。

GEEKJOBのまとめ!

技術云々よりIT企業に未経験就職するための「就職支援付きプログラミングスクール」

全体の受講者数は平均して20〜30人。3ヶ月程度の短いスパンでほぼ就職していく。

GEEKJOBは「未経験からIT企業を目指すための登竜門」

2. GEEKJOB1日体験会の感想・口コミ|真剣にしゃべらず黙々とプログラムを書き続ける!

GEEK JOBの1日体験会の流れは、次のイメージ。

10:00〜11:00|アンケート記入、パソコン準備、課題実地

11:00〜12:00|GEEKJOBの説明、プレゼンタイム

12:00〜13:00|お昼休憩

13:00〜17:30|課題実地(初級・中級・上級の課題)

17:30〜18:00|あとは各自解散

 

僕はPHPの初級、中級コース課題をモクモクやりつつ、あーPHPプログラムだー。FizzBuzzってこうだわーとプログラミングを楽しみながら学べました。

全体的な感想としては「現役のエンジニアの方がしっかりと教えてくれていて」かつ「他のGEEK JOBの社員の方も気さくで勉強しやすいん環境」という感じでした。

当然、IT企業で働いていたプロのエンジニアに質問できるので、成長率は抜群です。

なぜエンジニアと一緒に勉強すると良いのか?

一人で勉強している時は「プログラミングの表面をなぞり続けている感じ」を僕は常に覚えていました。

プログラムの核心部分を理解したいし、教わりたいし、わかりやすく手ほどきしてほしい。

けど、本を読んだり、Webで一人で学習していると難しいものです。

Qiita・StackOverflowなどで検索したり、質問したりもできますが「質問の仕方が下手くそ」だったり「プログラミングの基礎部分以前をまともに理解していないから相手がこちらの疑問を理解できない」なんてことがしょっちゅうでした。

 

わからないことがわからない…。

 

GeekJobで学びながら成長すれば、そんな自体は起こりません。

3. 【メリット・デメリット】IT企業就職がメイン!!プログラミングは基礎程度で就職先は「客先常駐型」が90%

f:id:einginner-carry:20171116153858j:plain

GEEKJOBは「IT企業に最大3ヶ月、早くて1〜2ヶ月で就職するための内定を獲得する」ことが目的なら、最高の場所です。

GEEKJOBは関東圏の客先常駐のIT企業を勧める

関東圏のIT企業約7000社で、自社開発している企業は「全体の1%(70〜100社程度)」しかなく、プログラマーとして新米なうちは「客先開発先のプロジェクト」で技術を学び、実務経験を獲得していく(2〜3年程度)必要があります。

客先とは、就職先の企業で働くのではなく、どこか別の企業に出向して働くことを意味します。

客先と自主開発の違いはしっかりと認識しておきましょう。

4. プログラミングスキルを身につけながらIT企業を目指すならGEEK JOBはおすすめ

GEEKJOBを1日体験してわかったこと。

それは「IT企業未経験から客先常駐の開発先でゆっくりと働きながら経験を積むためのプログラミングスクール」だということです。

プログラミングを勉強して、その後IT企業での仕事を通じて勉強を重ねて1000時間程度経つと、ようやくプロジェクトの回し方や開発のイロハを学べます。

1000時間はプログラミングの学習を継続しないと「IT企業でまともに働ける人材にはならない」ので、GEEK JOBで働くための準備をして、業務を通じて成長すると考えてみてください。

 

少し考えればわかると思います。数ヶ月真面目に勉強したら「一人前のエンジニア」になれますか?

容易なことではありません。

エンジニアとしての基礎をGEEK JOBで学んで、その後、紹介してもらったIT企業で成長してみてください。

当然、2〜3年も働けばフリーランスエンジニアの方向性も見えてきます。

Geekjobの詳細
 

Geekjobに登録
GEEKJOB公式サイトへ=>

5.10.000社あれば「1%」が自主開発のIT企業です

f:id:AI-Intelligence:20180106101003j:plain

客先常駐がブラックIT企業で絶対に就職、転職してはいけない。

そう考えている人も多いようですが、実際IT企業が10.000社あれば1%にあたる「100社程度」が自主開発企業になります。残りの9900社は「外注・客先に仕事を投げる・仲の良いフリーランスに仕事を割り振る」などして業務を遂行しています。

自分の考え、思い込みだけで就職活動をしない

f:id:AI-Intelligence:20171228024323j:plain

就職活動で一番やってはいけないのが「自分なら大丈夫、うまくいくから」という安易な思い込みです。

僕も自信過剰にどうにかなるっしょwwと調子乗ったらブラックIT企業に出会いました。

自分の選択が正解だと信じて。求人サイト・転職サイトで良いと思う求人を見つけて、面接を受けるまでの行動力は良いと思います。

ただし、相手企業がホワイトかブラックかは常に1/2の確率です。

・ポテンシャル採用可能!0から成長できる職場です

・IT未経験OK・実務経験なしOKです。一緒に頑張りましょう!

とか言い出している求人は99.9%ブラックです。0.1%くらいは良い職場で0からきっちりと研修を通じて成長できる可能性があります。つまり、100社いたら1社です。

経済産業省によるIT企業の統計

f:id:AI-Intelligence:20180101214213p:plain

経済産業省の調査では「(従業員50人以上・資本金3.000万以上)」の企業は、全国で約2万7.000社いるとされています。

東京・千葉・埼玉・神奈川(1都三県)・大阪・名古屋(関西地方)には小さな会社含めて約10万社以上のIT企業が密集しています。つまり、ホワイト企業がいる確率は1000社程度です。

当然、人によってはホワイトな企業かどうかの判断は分かれますが、圧倒的に多くのIT企業がいる。

けれど、自分の力だけでどうのかできると思い込むはやめた方が得策です

10人いる会社で資本金5000万でも調査には掲載されない

経済産業省の調査は「税金を納めてもらわなきゃ困る企業を推定するための調査」ですから、人が少ないIT企業で資本金が多いだけなら調査から弾かれます。

僕が就職shopを通じて教えてもらったIT企業のひとつは「社員数10人・資本金500万」でそれぞれの技術者が一線級のやばい人たちだった企業です。

小さいけれど良いIT企業はたくさんあります。その点を覚えておくと良いですね!

未経験可/OK・ポテンシャル採用・IT未経験に騙されない

f:id:AI-Intelligence:20171220131551j:plain

未経験だから「求人サイトに未経験・IT企業と打ち込んで求人を探している」なんてことありませんか?

ほぼ100%ブラックなIT企業に捕まってしまうと思います。

実は知り合いの既卒からエンジニアになった友人がこんなことを言っていました。

IT業界に就職するときに気になる点は、就職した後の仕事がどんなものなのか。僕も含めIT初心者はプログラマーorエンジニア的な働き方に興味を持って就職したのに、実際は監視、運用保守等のいわゆる「これ人間がやる必要ある?」という非生産的な仕事が多いのが現状です。

彼はエンジニア希望で就職活動をした結果、これです。

戦い方をミスると結果こんな誰でもできる雑務を与えられる結果になります。

気をつけましょう。

ブラックIT企業かな?と思ったら労基署へ!

ブラックIT企業かもしれない。もしかしたらブラック企業かもしれない(汗…

と感じるなら、近くの労基署に駆け込んでください。ブラック企業が一番怖いのは「労基署が臨検(行政機関の司法警察員が法規の遵守状況や不審点の確認のために、現場まで出向いて立ち入り検査する事)です。

労基署に行くことで「残業代未払い問題・パワハラ問題・休日なく働かされた問題」などを逆手にとって企業と戦うことが可能です。

詳細 => ブラックIT企業はどんな企業、会社なのか?|過重労働・残業代未払い・労務関連制度の不整備などを見破れ!不当に働かされたなら労基署に打ち込め!

未経験から求人を探す方法は限られている

f:id:AI-Intelligence:20180103150409j:plain

未経験からのIT企業、会社の求人を獲得する方法は大まかに言って、次の4つです。

ハローワークで職員から企業を紹介

求人サイトで自ら企業を探す

転職サイトで非公開求人がない中で自ら企業を探す

転職エージェントに自分に適した企業を探してもらい、就職、転職のお手伝いも合わせて行ってもらう

自分の力だけで、良いIT企業、会社を見つけて面接を受けて合格する。

その理想的な行動ができると僕も未経験からの就職活動を始める前は考えていました。

勢いで良い企業に出会うまで就職、転職活動をし続ける。 それで良いなら止めませんが、正直効率も悪く、可能性も低く、良い会社にいつ出会えるのかもわかりません。

変な企業に出会ってから、面接の帰りに駅前で辛すぎて立ちすくんで泣いたこともあります。

でも、周りの人は誰も助けてはくれません。経験から言えます。

この記事を読んでいるあなただけでも、良い方向へと行動できるように本当に願っています。

GEEKJOB関連記事

GEEKJOBの就職先はどこ?|geekjobは自主開発企業より客先常駐のIT企業が多い

詳細 => GEEKJOBの就職先はどこ?|geekjobは自主開発企業より客先常駐のIT企業が多い

【感想】GEEKJOBプログラミングキャンプに通うべき人を教えます

詳細 => 【感想】GEEKJOBプログラミングキャンプに通うべき人を教えます